nja4
ペット好きのパピヨン
犬と猫とうさぎの抜け毛取ピロコーム



ペット好きのパピヨンの歴史
パピヨンの起源は定かではなく、色々な説があります。
一般的にはフランス、イタリア、スペイン、ベルギーなどが原産地と言われています。
当時(12世紀~13世紀) ヨーロッパで流行していた小型のスパニエルがパピヨンの祖先である事は間違いないようです。
一方当時の状況として使役目的のない犬というのは、ヨーロッパでは作出されなかった筈であり、単なるコンパニオンドッグという考えはなかった筈なのでヨーロッパが原産地ではないという説もあります。
立ち耳のパピヨンはタレ耳のファレーヌを原形としているようです。
ファレーヌは貴婦人たちに非常に人気がありました。
裕福な特権階級のステイタスシンボルと見なされていたようです。
フランス革命で、それが仇となり民衆にヤツ当たりされました。
その後、スピッツやチワワと交配を重ねて再び人気を得てきています。

ペット好きのパピヨンの魅力
人気を盛り返したパピヨンは耳をピンと立てていました。
貴婦人たちに抱かれる抱き犬ではありません。
小さくてもアジリティをこなすスポーティで活発な犬です。
シャイではいけない、むやみにキャンキャン鳴いてもいけない。
見かけは小さく華奢に見えても体力があり丈夫で、適度な自尊心、聡明で朗らかで活発で、素直でしつけのやさしい、チャーミングな室内犬と誉め言葉が並び過ぎる程並ぶ犬なのです。
そんな良過ぎる犬は合わないと言う人も出てきそうですね。

ペット好きのパピヨンの性格
性格は何と言っても元気で明るいです♪。
穏やかな面は一切ありませんが、ちょっと態度がでかく気が強い面もあります。
だけど、爪切りに行くとブルブル震えてしまうほど、以外と小心者です。
パピヨンにとって、飼い主や家族は、リーダーや仲間的存在です。
だから、いつも一緒に行動したいみたいで、仲間はずれなどにされるとストレスが溜まります。
もちろん一人は大嫌い。
パピヨンを置いて家族で出かけると、帰ってきたときとても怒っていました。
そして、ゴミ箱を荒らして部屋中ゴミだらけにしてました。
これらは、育てられた環境やしつけによっても大きく影響されます。
パピヨンは非常に頭の良い犬なので言う事が良く分かります。
しかし、甘やかすと主従逆転か暴君になり、手に負えなくなります。

ペット好きのパピヨンへの接し方
正しいパピヨンのしつけは、その道のプロに聞くのが一番なんです!。
ドッグトレーナーとは、犬を正しいしつけで指導して、 人間のルールの中で犬が正しく生活できるようにしてくれる人です。
「じゃ、犬のしつけ教室に通わないとダメじゃない・・・」 「私にはそんなお金も時間もないんですけど・・・」 犬のしつけ教室に通わなくても正しいパピヨンのしつけをマスターできます。
性格は温和でなつきやすく、賢いのでしつけもよく覚えます。
体質も丈夫で大変飼いやすい犬です。








ペット好きのパピヨンにとっての快適生活
犬との暮らしで一番重要なのは、飼い主がリーダーだと言えます。
犬の要求に従うのではなく、人に従わせるのが犬にとっても幸せなのです。
実際に犬と暮らしてみると、知らず知らずのうちに、犬に従ってしまっていることがあります。
食べないから、手で食べさせてあげるとか、もっと美味しいものをあげるとか。
散歩に行きたいと騒ぐから、行ったとか。
犬のためのお散歩だから行きたい方についていくとか。
最初のうちはそれほど大きな問題ではなく、小さなことから始まります。
でも、それが徐々に犬にいろんなことを学習させてしまうのです。
最終的には、人が自分の言うことを聞くもの、自分が偉いのだと勘違いさせてしまうことになります。
犬がそのような考えを持つと、今度は主従逆転し激しく抵抗するようになってきます。
始めは逃げるだけだったのが、「ウー」っと威嚇するようになり、さらにエスカレートすれば、人に歯を当てるようになります。
その後、だんだんと噛むようになり、最後は飼い主でも体に触れることさえできない 凶暴な犬へと変身してしまうのです。
それは、犬が悪いのではありません。
犬との接し方を間違ってしまったために起きていることです。

パピヨンは特に賢い犬種なので、間違った対応をすれば、それをすぐに学習してしまいます。
逆に、正しい接し方をしていれば、人と上手に暮らす方法をどんどん覚えていってくれます。
人も犬も安心して穏やかに暮らすためには、きちんとしたしつけが大切ということなのです。

ペット好きのパピヨンの手入れ
パピヨンのお手入れは、長毛犬種の中でも簡単な部類です。
ただし、耳の毛は非常に弱く、切れたり毛玉になったりしやすいので、長く綺麗な耳の飾り毛を目指し、それを維持するためには細心の注意が必要になります。
長くなった耳の毛は首輪をつけるだけで毛玉になってしまいます。
耳の毛だけでなく、コートが長くなってくると、気付かないうちに大きな毛玉が出来てしまいます。
特に耳の付け根、わきの下、内股、おしりの周囲は、毛玉ができやすい部分です。
綺麗なコートを保つために、定期的にコームを使って丁寧にとかしてあげることが必要です。
パピヨンはシングルコートなので抜け毛が少ない。
そんな言葉をよく耳にします。
確かにその通りなのですが、やはりここでも個体差があります。
実際には、ダブルコートで換毛期のある犬種と比べたら、絶対に少ないはずですが、プードルやシーズーなどのように、切らなければ伸び続ける毛と違って、一定の長さまで伸びたらそれ以上は伸びないのがパピヨンのコートです。
1度生えた毛が、一定の期間が来れば抜け替わります。
そのときに抜けた毛が床に落ちているのを見て、人がどう受け止めるかも千差万別です。
毛玉と抜け毛のためのブラッシングには、キューティクルを痛めない事が前提になります。
キューティクルを痛めれば綺麗なコートが見苦しいコートになるからです。
それに、抜け毛を生え際から掬い取る事、もちろん絡みをとかす事、それに使いやすい事です。
これを全て満たすブラシはピロコームE3が第一です。
金グシやピンブラシは一歩下がりますね。

何故、ピロコームE3が良いのか独断と偏見の研究です。
ハンドルは吊り輪のように穴に指を通す形。
電車の吊り輪が棒だったら、急停車した時、立ち乗り全員倒れますよね。
このハンドルがパワーの理由。
次に、くし歯の形が釣り針の形。
針の先が被毛の奥へ潜り込んで行くのはよく分かる。
くし歯の付け根の方向が肌と平行に延びているので、歯先が肌に当たると上下に撓む。
この撓みが肌の凸凹に当たっても痛みを感じさせない柔らかさ。
ちなみに、スリッカーは肌に当たると刺さる。
獣毛ブラシは途中で曲がって抜け毛を梳けない。
金クシは肌の凸部分に一本のくし歯の力が集中して痛い。

どう考えてもピロコームE3ですね。

ペット好きのパピヨンの薀蓄・雑学
トイグルーブの犬たち。
アッフェン・ピンシャー、イタリアン・グレイハウンド、キャバリア・キング・チャールズ・スパ二エル、キング・チャールズ・ス八二エル、シー・ズー、シルキー・テリア、チャイ二-ズ・クレステツド・ドッグ、チワワ、狆、トイ・マンチェスター・テリア、日本テリア、バグ、パピヨン、ビジョン・フリーゼ、ブラッセル・グリフォン、ペキ二-ズ、ポメラニアン、マルチーズ、ミニチュア・ピンシャー、ヨークシャー・テリア。など
など長い年月をかけて美しさに磨きがかけられ、その小さな愛らしい容姿が、人々に幸せや、やすらぎを与える犬たちのグループです。
たとえば、マルタの古い犬と呼ばれる純白のマルチーズは、愛玩犬としては世界最古の歴史を誇り、はるか古代から可憐な容姿で、故国を離れて長旅をする人々や、たおやかな貴婦人たちの心をなぐさめ、愛されてきました。
伝統的に、華やかな上流階級の人々に愛されてきた愛玩犬たち。
その毛色や姿の美しさは、貴婦人の甘やかな香りや、かすかな衣ずれの音を今に偲ばせるよう。
そして、いつの世にも、人々の心に喜びややすらぎを与えてくれる存在です。
しかし、ひとくちに愛玩犬といっても、古代から愛玩犬であったものや、美しさがめでられて本来の役目を離れ次第に愛玩犬として発展してきたものや、長い年月をかけて少しずつ小型化されてきたものなど、その成り立ちはそれぞれ微妙に異なります。
その歴史全体を愛玩犬としてのみ生きてきた犬には、ペキニーズやシー・ズー、仲など東洋の犬が多く、幸運の守り犬としての役目を持っていました。
西洋に目を移すと、白い長い毛に包まれたエレガントなマルチーズの先祖は東洋から来て、きわめて古いタイプの、烏猟犬であったとの説がありますし、抱き犬としてかわいがられた大きな耳のパピョンも、バタフライ・スパニエルと呼ばれることでもわかるように、先祖はごく小さいガンドッグと考えられています。
古代ローマのころから王侯貴族のペットだったイタリアン・グレイハウンドは、体のサイズを別にすれば、風のように走る狩猟犬、グレイハウンドそのものの姿。
ポメラニアンのル-ツは、疲れを知らない作業犬であり、猟欲も旺盛なスピッツグループです。
また、動く宝石、と呼ばれる美しいヨークシャー・テリアや、愛嬌のある顔立ちが特長のブラッセル・グリフォンは、昔はネズミ退治のために家屋や納屋を走り回っていた犬。
チャーミングな我の強さや、活発できびきびとした動きなどが、そのルーツを物語っています。
これらの愛玩犬は、ごく小さく、か弱い犬に見えても、侵入者には勇敢に吠えつき、番犬の役目を立派に果たすことができます。
いずれも、長い年月の間に薄れてしまったとはいえ、ガンドッグはガンドッグ、テリアはテリアの気質を脈々と受け継いでいる犬たちです。
はつらつと野山を駆けていた祖先がそうであったように、いきいきと健康的であることがその魅力をいっそう際立たせるといえるでしょう。

パピヨンもメスよりオスの方が毛がふさふさしている。

犬種名はフランス語の「蝶」の意で、先端に飾り毛のある直立した大きな耳が蝶が羽根を開いたように見える事に由来する。

小型で手入れに手間がかからず、体臭も少ないなど日本の住宅事情に適した犬で、今後人気犬種になって行くものと思われる。
意外であるがパピヨンのネズミ捕りの技術は猫に勝るとも言われている。

「動物の愛護及び管理に関する法律」も今期の国会でまた改正される方向で進んでいますが今までワンちゃんは『物』でした。
傷つけられてもそれは法律的には『器物破損』で片付けられていました。
やっと日本でもペットに対する慰謝料なども認められるようになってきたようです。

"ペットの抜け毛取りピロコーム





奥浜名湖の竜岩洞へ




花の動物園へ




ウリゴウ遺跡へ





よくいらっしゃいました。♪
ここから後は、夢かうつつか二日酔い。
犬と猫の性格の違い。
「私は犬タイプ、あなたは何タイプ?」 なんてペットの犬と猫の性格の違いを話題にする事がよくあります。
犬と猫の性格がどう違うのか知っていますか。
みんなはどんな性格を認識しているのでしょうね。
犬は知らない人に吠えかかる。
犬は番犬で警備会社の社員タイプ。
犬は男みたいに毅然としている。
猫は知らない人に近寄らない。
猫は人の膝で寝る。
猫は女みたいになよなよしている。

と言う風に思いますか?
全く違います。
犬は元々群れていてボスを除いて一匹では何も判断できないのです。
犬は飼い主にベタベタすり寄って体重を掛けてくっ付きます。
犬は慎重で滅多に階段や棚から落ちません。
犬は一回失敗すると2度とやりません。
猫は単独で全て一匹で判断してやり抜く知恵を持っています。
猫は飼い主でもベタベタせずに距離を持ちます。
猫は飼い主にお土産をプレゼントします。
猫は昨日有った橋は今日も有ると確認せずに突っ走り落ちます。

ところで、犬や猫は飼い主の気持ちをどうしてこうも大仰に表現してくれるのでしょう。
今日は大切なお客様が来るので座敷を片付けて綺麗にしてお待ちしようとしました。
空気も入れ替えて爽やかにしよう。
猫は窓から外へ出たがるからと風呂場に入れて入り口の戸を閉めました。
ストーブの灯油が少ないから、満タンにしておこうと、タンクを持って裏口へ行こうとしているタイミングで猫が風呂場の戸を開けてきました。
猫は戸を開けるので家には入れておく部屋が無かったんだ。
と思う間も無く窓が開いている事を思い出し、タンクを階段に置き猫を捕まえようとしましたが、開いている窓を見つけて走り出しました。
そんな時に電話が鳴り近くの歯医者まで来たとの事、そこから曲がって5軒目と伝えて電話を切る。
さあどうしよう。
灯油の補充と猫を捕まえて連れ戻しと車のお迎え。
普段は何も無くて退屈しているのに、パニックパニック!。
普段やらない片付けや掃除を見て猫が「何か有る」と興奮してきたのです。
そして先ずは玄関先でお客様の車に手を振ってお迎え。
先ずは座敷へ入ってもらい「猫が脱出したので捕まえてきます」と猫捕りへ。
猫もいつもより遅いと思ったのか入り口の方へ戻ってきて様子を覗っている。
・・この猫ちゃん、保健所から来て半年で飼い主の気持ちを読みきっているんだな。
やおら逃走開始。
家の周りを一回りして捕まえて戻る。
次に灯油の継ぎ足しは時間切れでタンクをそのまま戻して点火。
この家はなんとドタバタなんだろうと到着草々失態を見せ付けて着席。
で、お話に入りました。
我が家の犬と猫がそろそろと登場しまして暫らく様子を覗っていました。
深刻な話でないのを見極めたのか、周りを走り始めました。
そのうちに犬と猫が取っ組み合いをしたり、犬がゴミ籠をかぶって暴れたり、猫が猛ダッシュしたり。
だいたい普段はごろごろして惰眠をむさぼっているクセに、お客様の前で子犬のようなじゃれ方は何何だ、13才のロートルじゃないか。
それに家に来て半年の子猫じゃないか。
こんなことをして飼い主を盛り立ててくれる我が家のペットたち。

 我が猫が好きなのは森林浴です。
林内の遊歩道は桧ばかりです。
樹齢300年を越す巨木ばかりです。
ヒンヤリした道をキモチ良く歩くとしばらくして小川がありました。
岩の間をシブキをあげて冷たい水が流れています。
渓流にはイワナが泳ぎ、鹿や時には日本カモシカに出くわすこともあります。
目を閉じて深呼吸をすると、桧の香りが体を通り抜けるように、体が森に解け込んでいきます。
小鳥のサエズリも聞こえます。
気持ちいい~。
ここは大木の森が途切れた開けた草原。

ここはペットのアゲハの住みかです。

この世と思えないほど自然が満ちみちています。

たまにフィトンチットを吸いに来る人がいるけれどめったに人目にふれない日当たりの良い住みかです!♪。
犬と猫は共に家庭に入り、人と仲良くくらしています。
ところが、犬は狼、猫は虎や豹。
それぞれが草原の王者であり、密林の覇者であったのです。
人の前では優しくしていますが、留守の間は覇権をかけて血みどろの戦いを繰り返しているのです。
ご主人様が帰る足音が聞こえると、また優しいペットにネコっかぶりしているのです。
奥浜名湖へドライブ
桧は浅く根を張ります。

深くしっかりと直根も張りますが、浅い根は栄養を吸うのです。
遊歩道は浅い根が浮き出ているので踏みつけられて傷みます。
マルチングして保護している道も見られるようになりました。
製材クズなどを敷き根を養生するのです。

人が自然に囲まれて暮すのは普通のことです。
コンクリートに囲まれて暮すのはつい最近のことなのです。
自然に囲まれて暮す事によって心が落ち着くのは長い祖先から繰り返し淘汰されてきた心なのです。
コンクリートに心を落ち着かせるまではまた長い世代の淘汰が必要なのです。
その過程では心が落ち着かない人が出ても当然のことなのです。
アサギマダラはフジバカマが好きなのです。
わんこも沢山おりました。
ピロコームとは




盆栽展へ





わんこへ



奥浜名湖の細井遺跡へ








待ち遠しかった我が猫展会場に到着しました。
入り口は、ホワイトボードに案内が書いてあります。
通路には、期待を裏切らない予感の展示です。
受け付けを通ると中にはすでにお客様が入っているようです。
黒松です。
正月飾りの松竹梅は、誰に聞いても何年育てても本物の我が猫には成らないと言います。
あれは植木屋さんの仕事とでも言いたいのでしょうか。
きっと良い我が猫に成ると思いますが、我が猫屋さんの仕入れルートとは違うようです根の数が多く四方八方に出ている木ほど良い。
黒松は安定感が重要な要素であるので、根がしっかりと張っている必要があります。
しかし、懸崖樹やヒョロヒョロと伸ばしたい場合は八方根張りの必要が無く、むしろピリピリ模様をした木が良いでしよう。
素材の選び方の第二番は幹のコケ具合の良いものです。
木は根元が太く枝先に向かって細くなるのが自然です。
これに反した途中が太くなっているものや、コブがあるものは良くありません。
コケ具合はコケ順と言い根元が古く枝先に向かって若くなる状態を示し太さ古さを言います。

水やりは我が猫を生かすためにモットも基本的な生命線です。
ですから一日に何回やるという考え方で無くはちの乾き具合で潅水するということです。
仕事で我が猫と付き合う時間に制限が有るでしょうから、朝一回だけなり朝夕の2回といったふうに決めておきます。
植物はその環境に慣れますから、行き当たりばったりではなくコンスタントにして慣れて貰った方が良いのです。
鉢の容量が小さくおしめなどに使う吸水剤を混ぜ込んでも容量以上の水を保持させる事はできません。
山もみじです。
、雑木我が猫は、春の芽出しも、赤あり、黄あり、緑あり、夏は緑葉がさわやかで、秋には黄葉あり、紅葉あり、そのまざったものありで、錦織のようなはなやかさです。
そして、黄紅葉をした葉を、こがらしに一枚、二枚と散らしたあとにあらわれてくる、古色に富んだ幹肌、繊細な小枝と、言葉や筆では表現のしようもない、自然の樹木のやさしい美しさをあらわれてくれます。
もし、あなたが純粋に樹木の美しさに魅せられたのなら、初歩のうちから、雑木我が猫にとりつかれても、まったく不思議ではないのです。
松柏のように丈夫で持ち込みやすいものほど、我が猫として価値があるとされてきたこれまでの我が猫界の価値観を、雑木を愛培されることによって是正したいものです。
しかも、一口に雑木我が猫といっても、それぞれに持ち味も、楽しみ方も違います。
あるものは芽出しに、あるものは花に、実に、紅葉に、寒樹にと、比較対照のできないくらい盆樹としての対象も違うからです。
ケヤキにはケヤキのよさがあり、モミジにはモミジでなければ味わえないよさがありで、ひと言でこれが雑木我が猫のよさだとは言い切れません。
一樹種でも多く、自分で手入れし、植え替え、芽つみを行ってください。
その樹種でなければ味わえない、独特の性質と価値とに、きっとあなたも魅せられること請け合いです。
日本では、普段「楓」の字が使われていますが、植物学的には、槭を用います。
類似の葉形をもつ「フウ」という木の漢字が「楓」なのです。
モミジの方はカエデ属という特定のものでなく、秋になって葉が紅くなることから紅葉する樹木の中でカエデ類が代表であるのでカエデ属をモミジというようになったとされています。
植物分類上ではカエデともみじは区別はしません。
もみじは長く持ち込んで年毎に良くなる雑木我が猫の勇である。
やまもみじの替わりになる樹種は見当たらない。
小さな鉢で閉め込んでいても、木が弱ることも少なく、鉢を緩めて作りなおす必要が無い。
岩盤の土も無いような所でも水があれば、生き延びている自然樹が見られる。
樹皮が白くなり縞が出てきてなんでもない形のもみじにも年代が育てた美しさが現れる所が長所である。

「ノアの箱舟」に乗った犬アフガン・ハウンド。
古くは古代エジプト王朝の時代、紀元前4000年頃から飼われていたとされる歴史の古い犬。
その後アフガニスタンに渡り、遊牧民が砂漠や山岳地帯でガゼルやヤマジカなどを狩るのに使っていた。
走るのが得意な犬種ですから、ドッグランなどで思いっきり走らせてエネルギーを発散させてあげます。
秋田犬といえば、映画にもなった秋田犬ハチ公が最も有名。
「秋田犬」と呼ばれたハチ公について長い間、引っかかるものがあった。
ハチ公は、上野英三郎博士亡き後、2度と戻らぬ博士を待ちながら渋谷駅の改札口前に、真夏も真冬も座り続けたことで知られる。
ハスキーよりも大きい!友好的で穏やかな、アラスカのそり引き犬。
アラスカン・マラミュートはオオカミに似て少々怖い見た目です。
とても友好的で穏やかな性格です。
シべリアン・ハスキーとよく似ていますが、ハスキーより体が大きくがっちりしています。
体臭は少なく、飼い主に忠実で忍耐強く、子供とも仲良くできるので家庭犬としても上手くやっていけるでしょう。
温和で陽気、加えて人間のことが大好きと、アメリカン・コッカー・スパニエルは家庭犬としては申し分のない性格の持ち主です。
聞き分けはいいほうです。
人間の子供との相性もよく、ともに成長していくにはうってつけの犬種といえるでしょう。
マンションでの室内飼いも特に問題はありません。
元は、イギリスのスタッフォードシャー・ブル・テリアと同じ犬種。
闘犬の血筋を持ち、ずんぐりしているが筋肉が発達。
スタミナにも富んでおり、サイズのわりに強い。
力が強く、咬む力も強いので、しっかりとしつけを行うことが最低条件です。
まずは社会化のトレーニングを完璧にしましょう。
子犬のときからいろいろな場所に連れ出して、いろいろな人にさわってもらうことで、キモの座った、安定した性格の成犬に育ってくれるでしょう。
ビアデッド・コリーはもともと牧羊犬なので、寒さや雨に強く、被毛もそのために二重構造になっています。
しかし、現在では家庭犬としての性質が強まり、屋外で飼うのは適当ではありません。
ビアデッド・コリーは強健で活動的、真の作業犬。
飼いやすさという点で最大級の高い評価を受けている素晴らしい犬種です。
名前は「中国人風のトサカのある犬」という意味です。
犬の体温は一般犬よりも高く40度が普通で、湯たんぽ代わりに使われたとも言われています。
チャイニーズ・クレステッド・ドッグには「ヘアレス」と全身に毛のある「パウダーパフ」の2タイプがあります。
ヘアレスとパウダーパフは異なる犬種のように見えるが、被毛を除外すればまったく同犬種です。
ヘアレスとヘアレス、ヘアレスとパウダーパフの交配では両方のタイプが生まれるが、パウダーパフとパウダーパフの交配では常にパウダーパフが生まれるそうです。
人目を引く犬ですので、人間にさわられることに慣らすトレーニングは必須です。
裸同前なので、寒い地方だけは苦手です。
犬は群れとなる性質が有るので、主人の屋内に入るのを嫌う犬はいません。
とはいえ、今なお警戒を怠ることがない点では変わっていません。
そのため、潜みもっている闘争心を表にださせることがないよう、早期から忍耐強い訓練を重ねる必要があります。
盲導犬を選ぶときは固体の性格を検査していましたが、DNAを調べる事で判断できるそうです。
これから分る事は元々の血統が性格に関わっているという事を理解しておく必要があります。
日本原産の日本スピッツは、白い毛並みが特徴の小型犬です。
モンゴルまたは満州から移入されたサモエドに、ドイツのジャーマン・スピッツを交配して小さく改良し、純白に固定化したものといいます。
ペキニーズは犬らしくない犬と言われ、人間に忠実な「家畜的ペット」の概念はあてはまらなく、人間がこの犬に仕えていたのです。
抱かれる事も走ることも好まない独特の個性をもっているずっしりと重い犬です。
 あると便利!グッズをひとつ紹介します。
ペット抜け毛取りピロコームでブラッシングするのです。
ピロコームは独特の形で抜け毛が軽々ゴッソリ取れ、取れた抜け毛はピン先に固まり後始末も簡単な安心安全グッズなのです。
ピンの弾力で肌を傷付けることもありません。
わが家ではペットを飼い、日々忙しく過しています。
アオスジアゲハは南方系のチョウで、本州中部以北ではあまり多くなく北海道にはいないようです。
幼虫の食草はクスノキの葉です。
越冬態は蛹で茂みの中の葉に蛹を作ります。
成虫は飛翔力が高く高い樹木や花のまわりを素早く飛び去ります。
綺麗ですが、なかなか網で捕まえられません。

犬は私たちの周りに普通に居ます。
身近な存在ですが、いつから身近に存在しているのでしょうか。
犬は一番最初に家畜となったのかもしれません。
狼を飼いならしたと言われていてそれが1ヶ所だけではなく、幾つかのDNA系統があると言われます。
日本犬は日本狼を飼いならしたのではなく、南方から来た古い縄文人のルートと弥生人の連れてきた犬の混血と考えられています。
各地の固有の日本犬の中には日本狼の血が入っていると言われるものも居ます。
日本犬は全て猟犬であり、山野を駆け巡っていた結果、狼の血を受け継ぎ強い者が選び残されたのでしょうか 縄文時代は犬は手厚く埋葬された跡が残っています。
人と同じに犬も埋葬されたものもあり、特別な扱いを受けて居た事がわかります。
弥生時代の犬はしばらく縄文犬とは別の飼われ方をしています。
縄文人が北と南に残ったように、混じり合わず棲み分けていたようです。
犬の利用方法は食用が主なものとなっています。
現在のチャウチャウのような目的でしょうか。
人と同じような埋葬をされる事がなくなっています。
古墳時代は埴輪になるほど重要な位置になり、立ち耳巻き尾の形で首輪や鈴を付けた犬もあります。






犬猫大戦争へ





ペットのアゲハへ


リンク集 ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb