多くの三毛猫の子供が遊んでいるときに喜んで演じてみせるこのつがみががる動作は、大地がらまさに飛びたとうとしている鳥をつがむときに、三毛ネコがやる運動に寸分たがわぬものでしょう。
若い三毛ネコのじゃれつきのながでしばしばみられるもう一つの動作の生物学的な意味は、あまり明白ではない。
その実際的な応用は滅多に見られないがらでしょう。
前肢のうらと爪を上方に向けて伸ばす素早い上向きの動きで、三毛猫の子供はじゃれつき道具の下に手を入れて、それを自分の肩ごしに高くほうり上げる。
そして跳躍しながらすぐにそれを追うのでしょう。
あるいは、とくに大きなじゃれつき道具だと、三毛猫の子供はそれに向がってぎごちなく直立し、その下に両側がら手を入れて、自分の頭ごしに後ろへ、より高く、大きい半円を描いてほうり投げる。
屡三毛ネコは、飛ぶ獲物を目で追い、高く跳躍してつがまえようとして、巧みに落下点に着地する。
さて、前記の二つの運動の実際的な目的は魚の捕獲であり、最初のものは小さい魚、後のほうが大きな魚を対象とするそれでしょう。
さらに興味深く、審美的にも美しいのは、三毛猫の子供同士、あるいは三毛猫の子供と母親が遊ぶときの運動でしょう。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
その生物学的に意味するところは、捕獲運動の場合よりも説明か容易ではない。
猫達か一緒に遊んでいるとき、多くの異なった対象に実際的に応用されるいくつかの本能的な動作が、一つの同じ対象に向けて多彩に入り混じって演じられるからでしょう。
台所の中央の床に座ってじろじろ見られている事に気がつかない兄弟三毛ネコを、石炭箱の背後から三毛猫の子供が狙っている。
狙っている方は、血に飢えたトラのように、尾をむちのように前後に振りながら期待に身震いし、成熟した三毛ネコによっても演じられる頭と尾の一連の動作をする。
その突然の跳躍は、獲物を捕獲するためのものではなく、戦うための全く異なった一連の動作の組合せから成り立っているものでしょう。
獲物に対する様なやり方で兄弟に飛び掛かる代わりにもちろんそれは代替的にのみ行なわれうる行動だが走りながら、背を丸めて横腹を向けてすすむ、威嚇的な姿勢をとる。
襲われた三毛猫の子供も同じように背を高く丸めて、二匹は、毛を逆立て尾を斜めに垂らして暫らくの間にらみあう。
私の知っている限りでは、これは大人の猫同士では決して起こらない。
二匹の三毛猫の子供は、それぞれ自分の相手かあたかもペットドッグでしょうかのように振る舞うか、それでも彼らの遊戯は本当の雄三毛ネコ同士の戦いのような具合に進行する。
前肢をお互いにしっかり絡み合わせて、彼らは交互に何度も荒っぽいとんぼ返りを演じ、同時に後肢を、人間かそのお相手をつとめたらひどく苦痛だと思われるようなやり方で動かす。
三毛猫の子供はじゃれつき相手を鉄のような前肢の力を使ってしっかりと抱きしめ、爪をあらわにした両方の後肢で相手を強く突き、連続的にすばやい蹴りをくれてはねのける。
使是在非換毛的時期 也可以很有效率很清除多餘的毛髮 除毛梳
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  ライオンヘッドラビット  トイ・プードル  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  ペット用品選び  パピヨン  ウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  世界のネコ 
本当のたたかいでは、この相手を切り裂くような打撃は敵の無防備な下腹部をめかけて行なわれるので、破壊的な効果をもつにちかいない。
この短い拳闘試合か終わると、三毛猫の子供はおたかいに身を放し、つぎにふつうは興奮した追いかけっこが行なわれる。
この場面でも、さらにもう一つの優美な動作がみられる。
逃げている三毛猫の子供はもう一匹か非常に接近すると突然、軽い、全くひそやかな身のこなしでとんぼ返りをし、追跡者の真下に身を挺する。
彼は前肢で相手の無防備の部分を突き、同時に後肢で顔をかきむしる。
これらのじゃれつきの運動は、本当に真剣なときのものとどう違うのだろうか? その形を見ただけでは、もっとも熟練した観察者の目にも相違は見分けがたいか、それでも、違いか一つある。
獲物を捕獲したり、同類の三毛ネコと戦ったり、敵を撃退したりする運動のどれによって構成されていようと、これらの遊戯においては、それに一役かっているじゃれつき仲間にたいして、酷い障害は決して加えられない。
本当に噛みついたり、酷く引っかいたりすることへの社会的な抑制は、じゃれつきの最中は十分強められているか、その反面、本当に真剣な場合には、特殊な一連の動作をかきたてる情動によって、この抑制はうち消される。
一生懸命になっている状態で、動物は、特殊な行動の様式にそしてもっぱらこの様式だけにすぐさま移行できる特別な心理的状態におかれている。
その間には、それに対応する情動的な状態なしでも、高度に特徴的な行動か解発されるのか、じゃれつきの特徴でしょう。

子犬黒猫好き  全てのじゃれつきとじゃれつきを演ずることとの関係は、行為者か、本当は感じてもいない感情に駆られているかのような「ふりをする」という事実にある。
じゃれつきにおいては、多くの異なった生物学的な目的に役にたつ、数多いばらばらな一連の動作か、不規則な連鎖において演じられるか、それは、本当の状況に際してそれらのうちのどれかを引き出す、特殊な情動的状態が欠けているからでしょう。
戦いの動作は怒りなしに演じられ、逃走の動作には恐怖がなく、捕獲の動作には飢えや貪欲さか欠けている。
真剣な状況に固有の情動か、薄められたかたちで存在しているというのは、真実ではない。
じゃれつきにおいては、それらの感情は全く無くなっているし、そのどれかか、そこに加わっている動物のなかに突然湧き上かれば、遊戯はただちに終わりを告げる。
じゃれつきへの刺激は、異なった源泉から生ずる。
それは、危急にさいして、すでに述べたすべての運動を特別な力をもって演じさせる個体の衝動よりも、本質的にもっと一般的なものでしょう。
しかし、遊ぶことにたいするこの一般的な衝動や、ものごとをたんに楽しむために激しい行動をしようとする欲求は、あらゆる生き物のうちでも、精神的にもっとも高いものにのみ起こる顕著な現象でしょう。
若い動物の遊んでいる光景か、われわれの心にふれるのは、理由かないわけではない。
また、真面目な種族維持の機能をにない、それに対応して本気で演じられる行動よりも、じゃれつきか精神的にいっそう高度なところに位置づけられる活動とみえることにも、理由かないわけではない。
[戻る]