×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハのレッサーパンダ

レッサーパンダ
レッサーパンダ。

左右の枝の総量と植え付け位置 仮りに、正面から見て、垂直な幹の左右に出ている枝の総量を比較し、てみます。
その際、どちらか一方の側の枝の総股が多けれぱ、その側により植え付け位置の空閥を持たせるようにするわけです。
これは単に美的なあるいは視覚的な安定感を得るためだけでなく、それらの枝を養うための用土の量が、枝の多い側ほど多くを必要とするという点で合理的になります。
ただし、培養過程においては、鉢中における左右の配合土の粒径を調整したり、施肥量を左右加減したりしている場合があり、いちがいに植え付け位置だけで枝葉の量が決定されるわけではありません。
しかし、鉢植えは、基本的に鉢の中における根の張りの均一化・安定化に向かうものです。
そうである以上、鑑賞樹においては、左右の枝葉の量と、植え付け位置による鉢中の左右の用土の量(つまりは根の量)は正比例することが望ましいことになります。
つまり、素材の段階では、枝葉の剪定や植え替え時の根の処理によって、幹の左右のバランスがとれていない場合があります。
たとえば、向かって右側の枝葉の量が多いのに、鉢中は何かの都合により右側の根の量が少ない場合、当然こちら側に根を充分に張らせる必要があることになります。
逆に左側は枝葉の量が少ないのに根の量が多かった場合にほ、根の量を抑制しなければならない。

具体的には左右の粒土の調整や施肥量の加減などで、根の発達をコントロールするわけです。
そして植え替えの都度、その根の量を上部の枝葉の量に見合ったものにし、将来は、均一の粒土、均一の施肥によっても樹勢の安定が得られるようにすることになります。
こうした作業が必要になるのは、たとえば正面の変更により植え付け位置が変わる場合、また、これまで主要な枝だった太枝を抜いたために左右の枝葉のバランスが崩れた場合などです。
上にその具体的な例を図示しましたので参照して下さい。
役枝の長短と植え付け位置 なお、枝葉の総量とも関連はしますが、主要な枝の長さ(枝張り)も、それが左右いずれに出ているかによって、視覚的な安定感から植え付け位置と関連します。
つまり、右に強い差し枝があれは、鉢の右側に空閲が必要とな砂、蜜為S枝S鱒こ高の木、あるいはより高木感を現わそうとするものであれぱあるほど、むしろ下枝を喰い付きにし、その上部に効き枝を配したほうが効果的といえます。
こうした直幹の場合も、やはりその長い効き枝のある側に鉢の空間が必要となります。
具体的には、鉢の右側に空間のあるボンサイは右勝手、左側に空間のあるボンサイは左勝手ということになります。
農薬の分類。
一口に農薬といっても、その範囲は広く、分類も縦分け・横分けにすると、それは非常に複雑になる。
ー使用目的・効果から見たものa殺菌剤11病気の防除に使うものb殺虫剤11害虫の駆除に使うもの 農薬の中には、a・b両者の効果をもうた殺函・殺虫剤もある。
C陰草剤11雑草を枯らせたり、発生を防ぐもの。
dその他11植物の生長を助長したり生長や発芽を抑制するもの(ホルモン剤)。
土壊の性質を改良するもの(土壊改良剤)植物(果物を含む)や、その材質の腐敗を防止するもの(腐敗防止剤)なども、広い意味では農薬の一部である。
2人畜への被害から見たものB普通物11人畜への毒性の最も軽いもの. ▼スミチオン、マラソン、ベンレート、石灰硫黄合剤など。
D劇物11人畜への毒性がかなり強く、印がなけれぱ買えないもの。
▼ランネート、カルホス、デナポンなど。
毒物11毒性が劇物よりさらに強いもの。
▼砒酸鉛・砒酸石灰。
E特寇毒物H人畜への毒性が極めて強く、一般には購入できず、使用も特別の制限を受けるもの。
▼パラチオン、ホリドール、フラトールなど。
これらGーEの毒性区分は、個々の農薬により違うので一概には言えないが、おおむね@の10倍がD、Dの10倍がQ、またその10倍がEとみれぱ大差はない。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,