×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハの羊

羊
羊は早くから飼われた家畜。
少しの草でも食べて育ちます。
乳・肉・羊毛となります。

取り木前の準備。
素材は取り木前にある程度作っておいた方がよい。
取り木期間中は生育が遅くなるためである。
まず、充分に肥やしておいた素材の目的とする曲のどこからどの部分が必要かをエンビツなどで印をつける。
つぎにその必要な部分の上、数p〜10数p上で、素材の上部を切断する。
切断の時期は6月ごろがよい。
充分に肥培しておいた素材では、この時期に切られると、ちょうど目的の曲の部分に、たくさんのアタリ芽を持つ。
このアタリ芽を利用して骨組みを作る作業に入るわけである。
したがって、ちょうど期待する部分にアタリが生じれぱよいのであるが、でない場合もある。
この時は呼び接ぎ等で芽を持たせることになる。
切断時の素材。
素材上部を切断するのは、必要な幹の曲部分を得たいことは無論であるが、大きな理由は、樹勢を追い込みながら目的部分に芽を吹かせることにある。
前年から肥培しておくのもそのためである。
また切断も、しだいに追い込みながら、ヤケ込みの具合等注意しながら基部へ、昌的のところへと吹かせていくことになる。
アタリ芽。
切にしたい。
そのうち芯になりそうな芽は大彊にし他は押さえぎみに待機させておく。
この芯を走らせる具合で、後の出来が決定する。
太古からの重宝。
クリを紹介したからにはコナラ(木楢)の実・ドングリにも触れておかねばならないでしよう。
ドングリは、ブナ科のコナラ、クヌギ、カシ、カシりや、トチノキ科のトチの木の実の総称です。
先のブナ科のクリは、古事記などの古書には-久利」の名で出てきますが、いつ頃から今圓の西から来た木11「栗」の字が当てられたかは不明です。
大槻文彦著『言海」によると、「クリは皮の色、湿(黒いという意の古語)なる意」と述ぺています。
ドングリも、一般にはこの「栗」にあやかって「団栗」-鈍架」の字が当てられていま手。
これから察するに、この名は人間の生活により身近な、実の大きい方から付けられたようです。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,