×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハのビーバー

ビーバー
ビーバーは川のダム工事。
木でダムを作り洪水を防ぎます。

ビーバー
ダムの中に巣を造り、入り口は水の中です。

ビーバー

素材。
素材の元の状態は先に述べたように指程度の折れまがったものであった。
イラストに見るように、r字形の角の部分にも傷があり、本来ならば山モミジ小品となるような素材ではなかったのである。
事実、棚場に置かれていたその素材に、だれも注意したものはなく、長く放置されていたという。
この素材から、基本型となる一の枝・二の枝・そして芯立て枝(頭部)と作り込み、技術的な確立をほぼ成したのである。
当初からすぐれた素材でもなく、しかもいままでの山モミジ素材にあきたらなかったお客さんの熱心さが、単にこの素材だけにとどまらず山モミジ全般の素材開発へと進んでいったのである。
イラストで見ると明らかだが、素材から、主に芯立てで樹勢を上へ上へと引きあげ、次第にコケ順、幹模様を作る様子がお分かりいただける と 上素材は・秋芽ヒして比較的つま戸.て陣長した部分の稜を取り木したものである。
取り木部分より上は株立ち状となっていた。
取り木後、イラストのように昏旋を切除し、その茎部より吹いたアタリ芽を利用して小枝としている.その状態がザルに入っているものである。
その後本格的な培養に入り、彊部付近からのアタリ芽を利用して芯立てしている。
芯立ての意味。
既に何度も芯立てという表現を使って樹形作りを説明してきた。
この小品山モミジのシリーズでは今後も何度も健用するので説明しておきたい.芯立ての意味は次のようである。
@素材の樹形決定の主軸となる、頭部作りを兼ねている。
A樹勢をそこに集中させ、またほ逃がしてやる役割。
このゴマから得られた新しい天然抗酸化剤を使って、動物実験を行った過程で、新天然抗酸化剤は、ガンや老化の原因となる、活性酸素など変異原性の抑制にも応用できることがわかり、食品や医薬品への応用のための基礎実験が進められているとのことです。
いずれにしろ、数千年の歴史の中で伝えられた、ゴマの不老長寿の説に、近代的な科学の光が当てられ、その効用の一部が解明されつつあるわけです。
アルカリ性食品の代表。
栄養面でみてもゴマは、メチオニン、システインなど8種類のアミノ酸が大豆より多く含まれております。
またカルシュウムなどもずば抜けて多い、アルカリ性食品の代表です。
ゴマの種類と用途。
ゴマには自ゴマ、金ゴマ、黒ゴマがあるが、ゴマ油としては自ゴマが一般的です。
金ゴマは香りが良いが生産量も少なく価格も高い。
黒ゴマは薬用としても用いられ、香りも高く、成分も優れている。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,