×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハ 盆栽展


 
盆栽写真
五葉松です。
宮島五葉は広島の盆栽業者がどこかで良い性の素材を発見してこれを接木で生産して広めたのでこの名前が付いたようです。


盆栽写真拡大
五葉松がすごいです。
幹肌はなかなか古くならないのです。
北の方の五葉松は特に若若しいままなのです。
固体によって違いがありますが、平均的なイメージでそのように考えられています。
五葉松の固体を選ぶときの目安は好みのものとなりますが、
葉が短くて真っ直ぐなもの。
先ずは葉性の良いものを選ぶべきでしょう。
葉は一本一本違いますが、五葉松の素材選びの第一のポイントです。

那須五葉松は盆栽として使われたのは比較的遅いのです。
那須五葉松は登山しなければ行けない場所に生えていて数が少なかった。
そして評判になってから探しに行ってももう生えてはいなかった。
これではいかんと思う人達が実生苗を作り始めたようです。
那須ではあまり経験も無く銘木もなかったようです。
というのは山では岩場には五葉松が生えておらず、笹やぶにはヒョロヒョロとしたものが生えているのでした。
そのヒョロヒョロとした苗の五葉松を畑に下ろすと太く良くなるのです。
そのような苗が那須五葉松の山採りものとなりました。
那須五葉松は山によって葉性が全く違います(程度問題ですが)
一般論として這松との交配があるので木肌が荒れにくい欠点があります。
葉の太さと木肌の荒れにくさとは這松から来ている来ていると考えられます。
芽の出方が技術的に苦労しなくても造り易いのが那須五葉松の特長です。
那須五葉松は取り木が容易ですから良い性質のものから増やして盆栽の苗にするのが容易という特長があります。

枇松酒もしばしば 欧州の物踏に壷場ずる(たとえばチェコの小脱「シュペイクの冒険ヒには、ネズミサシ禰を飲むと、頭が痛くなって困るという話が出ている。
先年発見さ花たアルプス氷河の狩人のミイラの持ち物の中に、栗やネズミサシの実が入っていたという。
日本人にとってネズミサシ(ネズ)が身近な樹木であったと同様、歯代の欧州 人にとってもネズミサシは圓につく樹であったようだ。
今回紹介するのは伊勢ネズミサシの中品樹。
伊勢ネズミサシは小品樹などの小さい樹が多いが、現物の樹は太幹の中品サイズである。
足元の神なども伊勢ネズミサシとしては荒々しく変わった印象。
ともかく、中品の樹高の貴重な山樹である。
鉢でも持ち込みが長く、以前は整姿の手が入って仕上りに近い樹であったと思われる。
樹高の点からも葉性の点でもなおざりにされてきた素材でなく、愛好家のもとで大切にされた時期があった木である。
ある時何らかの事情で、大ようで、ガレ気味になったか、樹勢を落とし整姿までの期間を枝を伸長させて樹勢をつけているところである。

使ってみました。
とても良いですよ。
二重被毛のわんこ種には 特に良いと思います。
毛も飛びませんし、抜けてたまっている毛を綺麗に取ってくれます。
本格的な換え毛期を前に とても、うれしいです。

我が家のサモエドはちょっとでもブラシなどがひっかかると「痛いよ。」と言いたげにブラシを持った手を噛んでくる。
ちょっと困ったやつですが、ペット用品では20分ほど平和?にコーミングできて、抜け毛もいっぱいキャッチできました!

感動です。

我が家のワンコには
とかす回数に比べて取れる割合が少ないかなと感じました。

相模原のショップでペット用品を買いました。
うちのサモエドに使っていますが、非常に気に入っています。
最初は高いかなと思ったんですが、いくつも買うようなものではないし、思い切って買いました。
ショップには試供品が一個置いてあり、みなさん、いろいろと試しているようですね。


お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,