×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お好みリンク
かたちでの教育で、とくに犬には馴染みのない近郊で行なわれた場合、その重要なポイントは、犬が「伏せ」をするのに適当なところを選ぶことである。
命令を発する前に、犬が体を休めるために腹ばいになるとしたらどんな場所を好むかを、いつも考慮してやるべきだ。
犬を、遮蔽物のない人通りの激しい道の真ん中で腹ばいにさせるのは残酷である。
そのような場所は犬の目からみれば、休むのに全くふさわしくないものだし、雄犬に精神的な苦痛をこうむらせることになるからである。
これに反して、シートのようなもので蔽ってあればなお好ましいがどこか静かな片隅で、伏せをするように命令されれば、犬は完全に満足する。
「伏せ」は、犬の側のかなりの精神的な努力をふくむむずかしい課題であるから、このような原則はいっそう厳密に守るべきである。
もちろん、この種のすぐれた、かつ適当に厳格な訓練は、犬にはなんら残酷なものではなく、反対に犬の生活を豊かなものにする。
なぜならば、よく訓練された犬は、ほとんどどこへでも飼い主についていくことができるからである。
非常に賢い犬の場合には、訓練の規律を厳しくする必要は、日がたつにつれていくらか緩めて良い。
「伏せ」の芸にかけては自転車を守っているときに、法律の条文が要求するようにずっとスフィンクスのような姿勢をし続けることを、私が本当は期待していないということもよく知っていた。
雌犬は命令をうけて腹ばいになり、さしあたってはそのままの姿勢でいたが私が窓からひそかに見張っていると、そのあとで半径二、三メートル以内を動きまわっていた。
しかし私たちが人を訪問に出かけ、犬を部屋の隅に伏せているように命ずると、けっして同じように立ち上がって動きまわろうとはしなかった。
言葉を変えていえば、雌犬はこうした行為の理由を十分に理解していたのだ。
しまいには、特別な意図がない場合、我々は次のような暗黙の了解に達するようになった。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
私の自転車も書類カバンもないときに伏せが命じられた場合は、約十分くらい待機していて私が帰ってこないとき、雌犬はひとりで家に帰る。
しかし私の持ち物が置いてあるときには、どんなことがあってもそこで待っている、というふうに。
犬は伏せをして見張っているという芸において、信じられないかもしれないが、それを義務であるとするほど完成の域に達していたのである。
人の医者が私に、いやむしろ雌犬にだが、不運なことに盗まれてしまった自分のシェパードの犬小屋を貸してくれた。
犬は、自分の子どもたちのそばに三日間いてやった。
四日めに、私が働いていた病院を出ようとしたとき、私の自転車のそばに待機している雌犬を発見した。
子どものところへ帰るよう、どう説得しても無駄だった。
雌犬はふたたび、ひたすら「義務を遂行する」ことを主張した。
雌犬は一日に二回、いくつかの通りを越えて、乳をやるために子どもたちのところへ走っていき、三十分のうちに戻ってきて私の自転車のところで待機しているのであった。
訓練の二番めのかたち「バスケット」は、戸外での「伏せ」を屋内に適用したのと同じことである。
犬が邪魔になって、しばらくそばにいないでもらいたいことがよくある。
「あっちへ行け」という命令は、もっとも賢い犬ですら理解することのできないものの一つである。
「あっちへ」というのか、犬にはまったく意味のつかめぬ抽象語だからである。
もっと具体的な場所で、どこへ行ってもらいたいかをいってやらなければならない。
バスケットはなくてもよいが、犬が命令に従ってひき下がり、言われない限り離れてはならない定まった場所を意味するわけである。
犬がすでに好んでいる様子で、いつでも喜んで行く、どこかの片隅を選ぶのがいちばんよい。
子どもと犬は、大人の会話に割りこんで非常な鼻つまみになることがあるか、人のやることに手出しをしないよう訓練された犬なら人気を博すことうけあいである。
同じことは子どもにもいえる。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド 
同じように犬をもっと愉快でやっかいをかけぬ仲間にする第三の訓練は、後を「つけて」歩かせることである。
よく訓練された犬に引き綱もいらなくしてしまう、このきわめて実際的な訓練の成果は、残念ながら、すでに述べた二つの訓練よりも身につけさせるのが難しいし、忘れないようにするためには、ずっと頻繁にくり返すことか必要である。
犬を後について歩かせる訓練は、たんに、引き綱をつげて飼い主の右側か左側にぴったりとよせ(それはつねに同じ側でなければならない)、その頭を飼い主の足にそって、そしてその歩調を飼い主のペースにあわせて、歩かせるだけである。
この調練を行なうにあたって尻込みする犬はめったにいないか、ほとんどの犬は先に行きすぎるきらいがある。
この誤りは、そのつどひき綱を急にひくか鼻づらを軽くたたいて矯正しなければならない。
飼い主が道を曲がるときにはいつでも犬もいっしょに曲がらなげればならないが、これは、多少身をかがめて、引き綱を持っていないほうの手で犬を曲がる方向に押すようにしてやると、うまくやれる。
[戻る]