×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハの 盆栽展


 
盆栽写真
きんずです。


盆栽写真拡大
きんずが立派です。
キンズはインドが原産と言われます。
みかんの種を2粒ほど中に入れた大きさの実を沢山付けます。
キンカンより遥かに小さな実で食用にはしません。
大きく育たないので、立派な盆栽にするには長い年月が掛かります。
小さな木でも実が容易に付くので実物盆栽として育てられています。

からたちは、
中国揚子江上流の原産で、わが国に渡来したのは8世紀と見られる。
万葉集にカラタチバナとしてその名があり、それを短縮してこの名ができた。
キコクという呼び名もある。
 本種が日本かんきつの台木として、かんきつ産業を文字通り支えていることは知られていない。
外国の台木は日本の橙であるサワーオレンジで、 トリステザウイルスの脅威にさらされる中、わが国はカラタチのおかげで一人勝ちした。
諸外国がこのカラタチを見直し、その変異のヒリュウ(飛竜)に目をつけ、1977年にカリフォルニア大学のリバーサイド校で既に研究され、 1990年にはオーストラリアでも、昨年のニュージーランドでも既に5〜6年前に始めたという。わが国で今最も現在注目されている台木である。
落葉性で、 4月に常緑樹のかんきつ類の仲間に先がけて白い花が咲き、それが美しいので歌にもなるのである。以前はあの鋭いトゲを活かして生け垣として不法者の侵入を防ぐために大いに利用された。
オレンジとカラタチの細胞融合による雑種にオレタチがある。
実は、みかんの木は存在しない・・?!もとの木(台木)は‘からたち’の木なのだそうです。
みかんはからたちの木に接木を行い栽培していること,4〜5年目で実を結び,15〜30年ぐらいの木がよく実をつけるということを目で見て確かめることができる。
みかんは、種から育てない。からたちの木に接ぎ木する。みかんの種は多胚性で、親と同じ実をつけるとは限らない。そのこともあって、接ぎ木をして育てる。
みかん類には、自然に交配して出来た、「いよかん」「タンカン」など日本のものも多い。
みんなは、甘い夏みかんを待望していた時。
甘夏という名前のみかんが出荷された。
市場関係者も消費者も、たちまちこのみかんを歓迎して、大好評となった。
この甘夏の正体は、大分県に以前からあった「ボケ夏カン」という酸を忘れた変異種らしい。
かんきつ類には、スチロール樹脂を溶かす成分が含まれていることは、昔からよく言われていたことでした。
スチロール樹脂を溶かすのは「テルペン」という精油の主成分で、かんきつ類の外皮に含まれています。
かんきつ類特有のあの香りは、このテルペンなどに溶け込んでいるのです。
天然香料としても使われており、人体への影響はありません。

古枝挿し。
お客さんの作るネズミサシは20年程前に 購入した素材の1本を増殖したもの である。
山樹素材がまだ相当に残さ れていた時代で、お客さんも八ツ房 種だけでなく舎利を持った古掛を多 く作っていたのである。
産地の愛好家が競って採取した山採り樹は相当な量にのぼリ、棚下には優品の枯死した株が残されていたものである。
お客さんもそのような素材を収集していたのだが、ある日、小葉性のネズミサシを見つけた。
恐らく八ツ房系のネズミサシとお客さんは考えているが、山採り品のうちの変異体かもしれない。
小さな樹だったという。
当初は大して気にもとめず、山樹に熱中していたが、ある日、その小葉性で芽吹きのよいタイプを増殖してみようと思い立ったという。
作ってみると小品(10p以下)にはよい 性で、八ツ房種独特の強健さがあリ、芽吹きもよく、切り込みにも強い。
そこで次第に大型の鉢植えから手の上樟乗る程度の小墾の小品鉢植えに移り、ネズミサシは棚場の中心になっていったのである。
八ツ房系(ハイネズ系)のネズミサシは頭部が強くなり、押えていかないとなかなか下枝部分が作れない。
小品の場合、樹ができないといわれる理由である。
そこで古枝挿しが面自い。
古枝挿しの利点は次の通リ。
@古枝挿しは頭部などの樹勢のある部分を使っているため、切り込みを重ねている。
下枝も自然にできているわけである。
A若枝の挿し木からでもできるが、何回か立て替えが必要。
コケ順を作るだけでなく下枝を常に中心に考えて作る(頭部を押さえるだけでなく飛ぱして立て替える)ことが必要である。
古枝挿しは切り込みや芽摘みをくり返して作った強い部分を利用するわけである。
手間もかからず苦労も少ない。
(現物参照)。

我が家のねこは、とても気に入ってます。(日本猫9匹+ロシアンブルー)
もちろんわんこだってそうです。
なぜ分かるかと言えば、咬まれません!
スリッカーではいたがるし、取れないし、壊れるし、掃除機もうちの子達は平気ですが思うほど取れなかったです。

初めて使った日のことですが、学校から帰ってきた娘がわんこをみて「どうしたん?ワンコの毛光ってるやン」と言ってました。
素敵なお手入れが出来てます。

早速使ってみました処、確かによく取れます。噂通りでした。
かわいい犬も全く嫌がらず、それどころかもっとやってほしいと言わんばかりにすり寄って来ます。

最初に嫌な思いをさせると後々ずっとやらせてくれなくなると思いかなり気を使いましたが、途中からは全くそのような心配が無くなりました。

ペット用品、使った感想です。
まだ、さっき届いて今使い始めたばっかりなのですが。

定形内の小さい方の封筒に余裕で入る大きさ。
ピンを上にして、縦約8.5センチ、横7センチ(柄の部分最大で)
ピン部分の幅約5.7センチ。1ミリくらいの太さの針金ピンが
1.5ミリくらいの間隔で23本並んでます。
ちょうど、私の手のひらくらいの大きさです。

使い勝手は、穴に指を入れられるので引くとき結構楽。
ピンの当たり具合も自分の手にかけてみたけど、
4種類のうちで一番痛くない。(ピンブラシも案外痛かった。)
ペット用品のピンは、密集してるからかな〜?!

ワンの反応。(これが1番大事?)
初物だったので、匂いを嗅ぎたくてペット用品を追っかけてた。
スリッカーは皮膚が痛いで、ピンブラシは毛が引っ張られるで威嚇される。
ペット用品はあまり痛くないのか、とりあえず今日のところは静か。

ブロンズピンでも、結構硬い。
接合部分も引っ張ってもびくともしない。
ただ、わんこ種にもよるんだろうけどあまり毛は抜けなかった。
HPの写真ほどは抜けなかった。
(久しぶりにブラシかけたんだけど・・・)

では、またワンの反応を報告します。


お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,