×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハ 盆栽展


 

盆栽写真
五葉松です。
ゴヨウマツは山地に生え30メートルにも育ちます。
枝は横に向かって伸び、葉は柔らかく5本に分かれています。
葉といっても短枝で成長点が折れたりした時はここから伸び出します。

盆栽写真拡大
五葉松がすごいです。
五葉松の葉はいろいろとくせがあります。
ラセン状に伸びたり方向が不ぞろいな伸び方をします。
葉が短くピーンと真っ直ぐであれば四国五葉といわれるほど。
古くから赤石山や石鎚山から葉性の良い五葉松が産出されました。
また、東北の吾妻五葉や那須五葉が葉の太いパリッとした葉性の良い五葉松として産出されました。
古くから宮島五葉というものが広島から出ていますが、接木仕立てで原産地が分らないものもあります。

ある地方では五葉松を山へ返しているという情報があります。
返す山は五葉松の生えていた山。
火口からは硫黄を含んだ火山ガスが噴出されていて、このガスで五葉松が狩れて行っている。
枯死した五葉松の木立が残っている。
中腹にかけて枯死した五葉松が混在している。
自然が生み出す有毒ガスだけでは無いかもしれないが、自然は常に変化して行くのでそれに伴う植生も変わっていく。
一部の人々が大変重要に思う固体でもこの変化の中ではただ枯死するのみであろう。
そこで、一部の人々が大切だと考える固体から採取した種子を育てて生育できる場所に移植しているのである。
自然を愛する人々の中でもそれを大切に思う考えが色々と有り特定の系統を人的手段で変更するのはどうなのでしょうか。
それは死を救えるのは何か、人間の知恵かもしれない。努力してみよう。
こうして五葉松の苗木を山に返す作業が行なわれている。
山の広さからすればケシ粒のような努力かもしれない、それでも努力してみよう。
それでも続けて、自然と共に生きて行こう。
という考えはケシ粒程度で収まっている方が良いのかもしれない。

新梢挿し。
@とAは古枝挿しの有利な点である。
若枝挿しの場合は紺勢が強いが、切り込むと多くの芽が吹き、ついダンゴ状になる。
小枝が増えるのではなく塊になって次の芽が頭部だけに集中してしまう。
混み合うと内部の芽は枯れてくる。
頭部だけが強くなりがちな樹種に共通しているが、方法としては次の通り。
茅摘み後に数多く吹く芽を必要なもの以外かいてやること。
上下の芽は取り、横に伸びる芽を伸ばしていく。
上部が常に強くなるので、立て替えも行なう.強い部分を飛ばして次の芽を立てて頭部の作リに持っていく。
これを何回もくり返すのである。
ここでもうO度、ネズミサシの性質のうち切り込み(勇定}を見ておきたい。
八ツ房系のネズミサシは茅吹きがよい。
とはいえ小品の場合、古枝(前年枝)から出る芽はやはり小さく弱いことが多い。
5月中旬ー6月中旬の新檎切り(芽摘みのようなもの)は残った新楕部分から出る芽をひとまず吹かせるためである。
奥の芽を利用したいのはやまやまだが、いきなり切り込むと弱い芽ばかりで樹作りが難しくなることがある(特に小品V。
この場合はある程度まで伸ばし、校に元気をつけておく。
これがポイントである.いつでも奥へ芽を吹かせるためには樹勢が必要(日当リも不可欠)。
伸ばしておいて7月中旬ごろに切り戻すと、奥の芽や朋吹き芽が期待できる。
ポイントをくり返すと、小品のネズミサシの場合、@幼芽の芽摘みはせず、5月中旬ごろまで伸ばす。
A新梢の基は残して切り込む.Bアタリ芽が動いてきたら植え替える。
Cネズミサシは水が好きな樹種である。
乾燥にも耐えるが根を痛めることが多い。
排水のよい用土を用いて多水で育てるのが基本。
D剪定は徐々に追い込むつもりで切る。
つまり樹勢をつけて先の方から切りつめるつもり。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,