×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハの 盆栽展


 
盆栽写真
山もみじです。


盆栽写真拡大
山もみじが立派です。
もみじはカエデの仲間でイロハカエデやヤマモミジなどを盆栽にします。
紅葉や小枝に分かれる様を表現したいので、選別されます。
また、園芸品種で若葉の美しいものや葉形の細かく上品なものも盆栽に作られます。
もみじは雑木盆栽の中の葉物類として分類されます。
幹の太さよりも立ち上がりから枝先までのゆるやかな曲がり具合や枝分かれが自然の雑木林を思わせるものが好まれます。
若い間は枝がグングン伸びて幹とのバランスが整わないものですが、落ち着いた育ちになってくると枝がほぐれると言ってバランス良く分枝します。
これが綺麗に紅葉したり、葉が散った後の木を寒樹と言って鑑賞します。

新梢挿し。
@とAは古枝挿しの有利な点である。
若枝挿しの場合は紺勢が強いが、切り込むと多くの芽が吹き、ついダンゴ状になる。
小枝が増えるのではなく塊になって次の芽が頭部だけに集中してしまう。
混み合うと内部の芽は枯れてくる。
頭部だけが強くなりがちな樹種に共通しているが、方法としては次の通り。
茅摘み後に数多く吹く芽を必要なもの以外かいてやること。
上下の芽は取り、横に伸びる芽を伸ばしていく。
上部が常に強くなるので、立て替えも行なう.強い部分を飛ばして次の芽を立てて頭部の作リに持っていく。
これを何回もくり返すのである。
ここでもうO度、ネズミサシの性質のうち切り込み(勇定}を見ておきたい。
八ツ房系のネズミサシは茅吹きがよい。
とはいえ小品の場合、古枝(前年枝)から出る芽はやはり小さく弱いことが多い。
5月中旬ー6月中旬の新檎切り(芽摘みのようなもの)は残った新楕部分から出る芽をひとまず吹かせるためである。
奥の芽を利用したいのはやまやまだが、いきなり切り込むと弱い芽ばかりで樹作りが難しくなることがある(特に小品V。
この場合はある程度まで伸ばし、校に元気をつけておく。
これがポイントである.いつでも奥へ芽を吹かせるためには樹勢が必要(日当リも不可欠)。
伸ばしておいて7月中旬ごろに切り戻すと、奥の芽や朋吹き芽が期待できる。
ポイントをくり返すと、小品のネズミサシの場合、@幼芽の芽摘みはせず、5月中旬ごろまで伸ばす。
A新梢の基は残して切り込む.Bアタリ芽が動いてきたら植え替える。
Cネズミサシは水が好きな樹種である。
乾燥にも耐えるが根を痛めることが多い。
排水のよい用土を用いて多水で育てるのが基本。
D剪定は徐々に追い込むつもりで切る。
つまり樹勢をつけて先の方から切りつめるつもり。

こんばんは〜〜!!ペット用品、報告その2です。

今日も使ってみました。3日目です。
今までで一番取れました。HPの写真並。
一昨日、昨日と梳かした分が浮き上がってきて
今日とれたって感じ。いっぱい取れるとなんかう・れ・し・い。

また、銅イオンの効果なのか 上毛がツヤツヤしている♪♪

ワンの反応。
おもちゃだと思ってるらしい。じゃれ付いてくる。
自分の物だとは認識したらしい。
スリッカーと違って本人(本わんこ?)が
痛がらないのがありがたかった。

ぽちっとしてみましょ!
うれしい日々がやって来るかもよ?

ペット用品、今日もとれとれ。
でも、家は取れたけど、みんなのところで
取れなかったらどうしよう・・・。
mamaのウソツキ〜〜っていわれるのかなぁ・・・??


お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,