×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハ 盆栽展



 
盆栽写真
トショウです。
ネズ・ネズミサシ・ハイネズなどの仲間を総称して作られています。
山地の木と混在するが他の木が大きくなると木影になり衰えてしまう。
明るく痩せた山に生えていることが多い。
赤松の下木としていじけているものは枯れ枝が付きジンになる。
針葉樹の中で最も成長の遅い木の一つ。
この材から金槌の柄を作ると3代持つとも言われる程丈夫です。
植林のために皆伐する場合でもネズミサシの直立樹は残されるが、後から植林された木の邪魔にならないし、うまく大きく育てば強靭な材に成るからです。
この葉付きの枝をネズミ穴に突っ込んでネズミ避けとしたのでしょうか。
また、葉は蚊いぶしにも使ったらしい。
昔は燃料として松葉や柴刈りが行なわれていたが、ネズミサシは痛いので敬遠されたらしい。
今は、柴刈りも無く林内が暗くなっているので下木のネズミサシは枯れて減少している。

盆栽写真拡大
トショウがすごいです。

衣替えという技法があります。
盆栽の幹は立派に出来たのだけけど葉に癖があって良くない、と言う場合。
改造することができるのです。
肥料などである程度は調整できますが、もっと良い葉の木がある場合にこの良い葉の枝を接いでしまうのです。
全ての枝を接ぎ変えてしまう事を衣替えと呼んでいます。
トショウや槙柏の山取りでは形成層や生き幹が薄く成功しにくいので肥培してから行なう。
また一芽でも充分作れるので一つでも成功すれば良いのです。


では、鉢と鉢植えとのつり合い、いわゆる鉢映りについて考えてみましよう。
この鉢映りを別の三目葉で言い換えると、それは"調和"です。
そしてこの調和は、安定・変化・統一という三要素から成り立っています。
もちろんこれらは美意識の問題ですから一様に説明することは、本来的にはむずかしいことですが、教科書的な理論化をすれば、前述の三要素から成っているということになります。
つまり、まず安定感が必要ですが、それだけでは味がないから、どこかに変化がほしいのです。
しかも、全体としてはやはり統一されていること、という三要素です。
ではまず、樹形との調和、色調とのつり合いについて見てみましょう。
樹形、色調とのつり合い。
<直幹体で亭々と伸び立つ樹V11幹が真っすぐ(直線的)に伸び立っているので、鉢もずっきりとしたもの、長方形が似合います。
また、枝の張りが強い場合が多いので、内縁や切立よりも外縁の方が似合います。
鉢面(土表)の広い、比較的浅い鉢を選ぷとよいでしょう。
が、意識的に鉢面の幾分狭いものを用いて、景観にハズミをもたせるというケースも あります。
<直幹体で太い幹のものV11重量感のある中深の長方形か梼円形が適しています。
MIX(シェルティ・オウシィ)
迅速な対応有難うございました。
本日商品を受け取り、早速使ってみました。
 とれる!とれる! ブラッシングするのが楽しくなりました。
大切に愛用させていただきます。

品物を開けてみたところ、我つれあいは
「これなら死毛が取れるぞ。使わなくてもすぐわかる!」
と言いました。
早速ためすと、バッチリです。

早速使ってみたら、凄く毛が抜けて(^。^;)
驚いてしまいました!


お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,