×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハ 盆栽展


 
盆栽写真
山ぐみです。


盆栽写真拡大
山ぐみが立派です。


たくさんの仲間を語る。
明治、大正から昭和の初期までは、鉢植えには佗ぴ寂びの哲学があり、そ拠は学識豊かな愛好家の提唱するものであり、業者もその線に沿って勉強したものであり、今圓の技術、培髭の一辺倒とはいささか異なった奥行きをもっていたのである。
そのような趣好に合致するのが、寒幟の相なのであり、そ拠は画の手本として珍重された「芥子園画伝bに示される雑木の寒樹の相を理実に示すものであ9、 佗びの面から見れば、小実で小花の四季咲きの朝蟀姫の風情である、霜も近いかと思われる晩秋の頃に見る実の風情、花や管とともにまばら見ら拠るのであるDまさに鉢植えの醍醐味が判然としてしめされるのである。
ザクロは珍らしく、一種、一属、一科と言われ、その名はラテン語からきており、中東地方には有巽以前からあった。
我が国には中国朝鮮を経て.遺唐使時代に伝えられたものと 言われ、当初は薬用として騙いられたものちしい。
「万緑叢中紅一点」の名句は中国の詩人がこの花に対して述ぺた詩の一節と言われる。
花は千咲く,成る実は一つとも言われるように.鉢植えでも花はほとんどの枝先に咲くかとも思われ.成り花であっても歩止まりは悪く.花も終わり近くあきらめかけた頃に辛うじて羨つかが止まるのが普通だが.鉢植えは数ではなく味わいなのであり、一鉢に多くはいらず.3-5傾で充分と言った所で湯る。
葵を著けるためには、肥科に気を配ったり、幾分根詰り氣味の方法も大切である。
当時申心となったのは大箋であり、厩木な どから取り木して作り込まれたと恩われる。
ゴールデンと柴のミックス 長毛  シェパードもどきのミックス  短毛
息子と二人で、ワイワイ、キャーキャー云いながら「抜け毛の王子様」に使ってみました。

 家にはわんこが2人、猫も2人いるのですが、わんこのラッキーはゴールデンと柴のMIXなので、とにかく毛が長く、そして室内飼いのため一年中ダラダラと毛が抜けていて息子の喘息の一因とも云われていたので、抜け毛対策には頭を痛めていました。
スリッカーをずっと使用していたのですが、必死になってブラシをかけても、肝心の下毛がなかなか取れず、毛をかきわけながらのブラッシングにラッキーの方がイヤがってしまう様な始末で、掃除機をかける先から毛がフワ〜っと舞うような状態でした。

昨日の夕方、そして夜、二人でおもしろいように取れる毛をビニールの袋に入れながら、すっかりウットリしているラッキーに「今までごめんね〜」などと云いつつ、終わった後の袋の中味にもうビックリでした。
何回分の作品だろう、という位の量があって、「セーターでも出来そうだね」と二人で冗談を云いました。

 朝起きてリビングに来た時、ラッキーの抜け毛の「固まり」がほとんど無かった時はうれしかったです。

本当にスグレモノだと思いました。


お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,