×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハ 盆栽展


 

盆栽写真
トショウです。
普通、盆栽の正面は根張りを優先して決めますが、ジン作りの場合はジンの芸を生かすように決めます。 枝枯れの場合で未だ皮が付いていると水吸いがどうなっているか分らないので、枯れた皮を剥ぎ取って状態を見極めます。
枯れ枝の有る木は根も片寄っているので、作業は木をぐらつかせない様に鉢と木をヒモなどで固定して置くと安心です。
丈夫な紙などでしっかり固定すると逆さにして作業する事も出来るので作業が楽になります。
作業は水吸いを切らないようにして枯れた部分を綺麗に剥ぎ生死の境界をはっきりとさせます。
腐ってふかふかな部分は取り除きます。
第一段階はこの様にジンをはっきりとさせることです。
盆栽写真拡大
トショウがすごいです。
長すぎる枯れ枝は適宜短くします。
スパッと切るのではなく、自然に腐れ落ちたようにむしり取ったりします。
シャリも腐れて芯が出てきたように彫刻します。
ささくれさせたり、むしったりと刃物傷を隠します。
その後ジンの部分に石灰硫黄合剤の濃いものを塗ります。
これはジンの白さを強調できますし、防腐効果があります。
作り立てで腐れ具合が欲しい時は塗らずに腐るのを待ちます。

トショウの葉が檜葉となった槙柏は古くはとても面白い技がありました。
山取りの木の幹を短くする方法です。
槙柏の幹が舎利となって小根の方に向かって細くなります。
これはバランスも悪く、幹の下半分は切り捨てたいと思う素材の下半分を短縮するのです。
舎利は生きている部分ではなく木体の保持の役割ですから切り捨てても生死に影響しないのです。
この事を理解した先輩たちは、短縮したい部分の舎利を削り取りしなやかにして巻き取り鉢の中に埋め込んでしまったのです。
これで幹が形良い長さに納まってしまいました。
古木は幹からはなかなか根が出なかったのです。
トショウの山木も土中の根も舎利となっていて長く伸びた先に小根があります。
この小根まで大切に掘り取ってくれば枯らさずに持ち込めるかもしれません。
太い舎利付きの根は厚い皮があり幹と同じようになっているのでここからの発根を期待するよりも短縮の裏技を使うか山で根接ぎを施すか、ただし根接ぎしても移植の時に外れてしまう恐れがありますからクギを打つなどで固定します。

病原体を区分する。
つい先日、ネズミサシの枝枯れ病が発生した樹がもちこまれた。
そこで、その病気の樹をモデルにして考えてみたい。
まず、病気を知るためには病原菌のことを知らなけれぱならない。
植物に病気を発生させる病原体.病原菌・微生物などは、だいたい次ぎのように分けられる。
@ウイルス(VirUS)。
非常に小さいので、濾過性病原体と呼ばれた時代もあった。
景近ではエイズ(AIDS)の病原体として、悪名が高く一般に知られるようになったが、植物の病気としては、モザイク(梅の新葉や、トマ十などが、縮れるもの)の病原体がある。
これは、あまりに小さいので、病原菌の中には含まれず、別に病原体として扱われている。
A細菌(さいきん)。
多くの動植物に加害するバクテリアをいう。
身近なものでは、赤痢菌・コレラ菌などが知られている。
B菌親(きんるい)。
病害虫を起こす微生物のうち、黴(かび)の伸間を菌類と呼び、細菌とは別に扱っている。
Cその他。
その他のものでは、AにもBにも入らないものに、線虫類(せんちゅうるい)がある。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,