×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハ 盆栽展

TOPへ戻る >  戻る


 
盆栽写真
クロマツです。
クロマツは古い枝からは芽をだしません。
雑木のように枝をブツ切りしてそこから枝を出し直すという作り方は出来ないのです。
枝伸びしてしまってはいけないので、フトコロに葉や芽を残すことが後々の事を考えると大切になります。

盆栽写真拡大
クロマツの葉は緑色が濃く太くて真っ直ぐなものが良いのです。
葉の長さは短葉法という盆養技術で解決できます。
短葉法とは春に伸びた芽を初夏に全て切りとって再度芽を出させると鑑賞時までに短くまとまるのです。
この短葉法が行なわれる前は水や肥料を控えて育てていました。
短葉法は画期的な方法なのです。


鉢合わせという言葉があります。
植木のように生育している段階から、形を付けて盆栽に成るに連れ鉢も釣り合ったものに替えていきます。
展示会に出す場合はもちろん見栄えを第一に考えますが、育てている段階では駄温鉢といった鉢が樹の育成も良く展示会用の鉢に替えるにも替えやすいのです。
鉢合わせを行なう場合のポイントは盆栽の目指している景色に合う形、例えば平地を表す場合は広がりのある平鉢を選び岩場や崖に生える姿を表す場合は深めの鉢を選びます。
色は葉・花・実などの一番の見所を表す時の色と反対に近い色を使います。
例えば紅葉のもみじに対して青い鉢という感じです。
鉢模様は幹肌のすべすべした雑木には釉薬ものを松などの荒れた肌には泥物の鉢を使います。
形としては、枝の流れ広がりを元に方円の鉢を選びます。
しっかりと重々しい樹形の松には角形の鉢を、躍動する動きのシンパクには丸鉢を。
鉢の形や価格にはいろいろあります。
鉢合わせは楽しみましょう。
高い山に育つ米栂や北の蝦夷松は夏に鉢が焼けつくので白い色の鉢を選びます。

農業関係では、野菜などの根に瘤を作る『根瘤線虫(ねこぶせんちゅう)』の悪名が高いが、植木や樹木関係では、根を腐らせる『根腐れ線虫(ねぐされせんちゅう)』の他、近年では、赤松を枯らす『松のザイセンチュウ』などが知られてきた。
これら植物に加害する病原体や、病原菌などのうち、Cの線虫は動物であるが、Aの細菌とBの菌類はいずれも下等な『植物』である」(実はこの『植物である』ということが、病害虫を取り扱ううえで重要な問題なのである。
) 枝枯れ病の正体を追え。
ネズミサシの枝が、何の理由か不明のまま、ポツリポツリと枯れる病気は、鉢植えにおける「難病」の一つとして困ったものである。
業者の中には、突然枯れるので、「ポックリ病」などと呼ぶ者もいるが、これはBで示した『菌類』によるもので、幹に出れば『胴枯れ病』、枝に出れぱ『枝枯れ病』と呼ぷが、病顧菌は同じものである。
枝枯れ病の病原菌は、Bで示した『彌類・カビの伸間』で、私の園で発生したネズミサシの場合は、(農業試験場で検定していただいた結果}3種類の菌類が加害していた。
この菌類は、普通空中に幾らでも浮遊するもので、樹木の樹皮が損傷したような場合、の傷ロから容易に侵入するという(モミジの「清姫」の幹が、黒く変色して枯れるのも.同様の胴枯れ病である)。
この樹皮の損傷は、台風や落石などによることもあるが、「カミキリムシ」の喰害によることが多いという。
この樹皮の傷ロから侵入した枝枯れ病菌は、形成層(樹木の木質部と皮との境の部分)に沿って繁殖して樹木に加害する。
このように樹皮の下で繁殖するため、外部からの胃薬剤散布』はあま り効果がない(まったくということ ではない)。
菌勢は余り強くなく、一挙に樹木 全体を枯死させることは少ない。
一度発生して、樹木を弱らせると収束ではないが、その繁殖は小さくなリ、樹木が樹勢を回復すると、また発生するというような経過を繰リ返す。
ネズミサシには天然の神・舎利が立派なものが多いが、それはすべて『枝枯れ病の羅病』によってできたものと考えられる。
このように、枝枯れ病菌は、立派な神・舎利を作るに寄与したものだから、天然の神・舎利のあるネズミサシは、um%枝枯れ病に罹病している ものと考えねばならない。

一度毛玉をほぐしてからの使用になるので2度手間がかかりますが、
使った感じはとてもよいです。
届いたペット用品を早速かわいい犬に使ってみました。
スリッカーで梳いたときほどゴッソリは取れませんでしたが、 それよりもブラッシングが嫌いなかわいい犬がペット用品だとおとなしく手入れをさせるのに驚きました。
何より驚いたのは、ペット用品を使って毛を梳いていると、いつの間にかイビキをかいて眠り始めたことです!
スリッカーやスクラッチャーだと「しぶしぶ」という感じで、とても眠るなんてあり得なかったので……。
「そんなに気持ちいいのか~」と感心しました。

主人もおもしろがって手伝ってくれるようになり、一石二鳥です!


お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,