×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペットのアゲハ盆栽 盆栽展



 
盆栽写真
かりんです。


盆栽写真拡大
かりんがすごいです。
肥料は盆栽にとって小さな根圏のバランスを取るために大切な要素です。
肥料の種類が沢山出回り混乱してしまいます。
盆栽の鉢は小さく肥料は多すぎるより少な過ぎる方が危険が少ないです。
経験を積みながら少しづつ適量に近付けていく事です。
基本的に葉で光合成が盛んな時に沢山の肥料を吸収します。
成長の盛んな種類が肥料の効果が現れ易いものです。
基本的には春に葉の固まった頃に油粕などの窒素肥料を与え、 花や実を付けるためにはリン・カリ肥料を与えます。
通常は3要素の入った遅効性肥料を与えます。
窒素肥料を与えると盆栽に虫や病気が来ます。


いま述べたように、山採りのネズミサシは金部枝枯れ病にかかっていると考えられるが、これを根治することはほぼ不可能である。
問題はどうしたら発病を防ぐか、あるいは最小隈度に抑えるかにある。
生理の基本から考える。
誤った考え方。
趣味者(趣味者に隈らず、業者も実際は大塞ないが)の多くと付き合っていると、植物生理の基本を知らな過ぎると思う。
そうした申で特に指摘したいのは、肥料吸収の過程である。
講習会などで講義する場合、私はあまり肥料のことを話さない。
それは、植物生理の基本を知らなければ、肥料のことを話しても意味がないからである。
その典型的な例が、「作、芽出し前にやる肥料を、芽出し肥、疋(めだしごえ)と呼ぶ」という言葉に、端的に現れている。
この。
己襲は、(根から扱った肥料が、即蒔に栄養となって、芽や茎を成長させる)と患っているところに、誤リの元があるのである。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,