×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

犬猫ペット好きの竜岩洞

竜岩洞の地底湖
竜岩洞の地底湖には
目の無い生物が住んでいます。
目の代わりに何か別の感覚を持っているかもしれません。



現代のイギリスでも、ヒツジは羊毛よりも食肉用に飼育されている。
いずれにしても.羊毛はオーストラリア、二畠ージーランドおよび南アフリカから供給されている。
イギリス産のマトンは、海外の冷凍マトンよりも評価が高い。
もちろん冷凍肉は、衛生上または栄浅上の見地から非常にけっこうなものである。
この点では、ヨーロッパ大陸での一般的な印象とは反対に、イギリス人は食通である。
何世紀ものあいだ、ヒツジはイギリスにおいて公的な名誉ある地位を占めてきた。
たしかにピカデリー広場にはヒツジの記念碑はないが、上院の大法官は赤布で覆われた羊毛詰めのクッションの上にすわる。
これは有名な上院議長の席である。
女王エリザペス一世の統治期間[在位一五五八ー:ハ 〇三年]には、国家の富の象徴としてこのことが決められており、ヒツジがそのほかの象徴と見なされることはなかった。
たとえば、潔白と従順を示すキリスト教会の神竿像などのように。
羊毛製のビーバー・ハット 何千年ものあいだ、男女用の別なく上着は羊毛製であり、下着も細い羊毛でつくられてきた。
そして、中世から現代まで、帽子は羊毛のフェルトでつくられてきている。
けれども、一八世紀挺は一流の帽子屋は、かれらの商品をビーバーの毛皮製1こういうと優雅にきこえるーであると宣伝した。
「しかし、これらの商品のほとんどすべては羊毛製であった。
ウサギの毛はほとんど用いられず、またあるものは実際にカスター(ビーバーのラテン名).ハットとよばれているが、ビーバーの毛は私たちの帽子にはまったく使われなかった。
なぜなら、ビーバーの毛はたいそう貴重なもので、こんにちでは、いわゆるカスター・ハットの全量をつくるほど十分に供給することができないからである」 以上の解説者G・C・ラフは、一七九二年にヒッジを利用した別な製品についても述ぺている。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,