×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

犬猫ペット好きの竜岩洞

竜岩洞


似たような争いが、一九世紀にアメリカ西部でおこった。
そこでは、迷いこんだヒツジの群れがウシの牧草地を荒らしたことが原因となって、牛飼いと羊飼いのあいだで激しい争いがくりひろげられた。
一九世紀まで、スペインのヒツジ飼育業者の権力は野放しであった。
その間、百姓と中産階級のグループと、国王とそのとりまきのグループとのあいだでは争いが絶えなかった。
けっきょくヒツジ所有者たちは、自分のものではない牧草地を使用するときは、その借地料の支払いを強制されるようになった。
そこで、かれらはメリノ種を自分の所有地内で飼うことに専念した。
こうして、二〇〇〇年も前にローマ入がおこなっていたヒツジの飼育法にもどったのである。
かれらはヒツジを囲いのなかで飼い、そしてその餌にする植物を育てた。
オストラリア・南アフリカやアメリカにおけるヒツジの拡大は、盛況たらしており、これらの地方ではメリノ種は母国スペインよりも多く飼育されている。
申芝は・イギリスの牧羊萎はスペインのメスタの好撃であった。
また、ハン高盟も妻わい零撃であったが・イずスの・ツジは窪性が高い上睾毛製・謬商会抜け暴塞った・宗教改革の時代三ハ世紀]までには、蓄更笹界の大部分の地域で羊毛取り引き髦ける事実上の専売権を確保した。
ある時代には・イギリスとフランドル[北海沿髦あ・華世畠]は興味深い互奮係をもってい龍。
すなわち、刈りとられた羊毛はイギリスからフランドルに船積みされて、そこで加工された。
けれども、そののちイギリスは自国の紡績産業の発展をはかりはじめた。
イギリス政府は、国産羊毛の輸出を何度も防止しようとしたが、密輸は急速に広がっていった。
しかしながら、牧羊業はばく大な利益をもたらし続けたので、耕地はどんどんヒツジの牧場に変わっていった。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,