×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

犬猫ペット好きの竜岩洞

竜岩洞
右の竜が目を光らせて
白煙を吐いています
・・・。

メリノヒツジの移植 多は芝誤馨れ蒙ごツジに蓼る人間の霜薯っと塞いものであった。
たしかにヒツジは家箸殱簪耄とい多えかたも耄けれど、従要性箋寡些の欠点とぢヒツ ジに対して、この評価はきびし過ぎる。
こんにちでもヒツジの科学的飼育法は、このローマ人の原理に基づいているのである。
アラビア人は、七〇〇年にわたりスペインを支配しているあいだ、積極的にメリノ種の飼育を奨励した。
一二世紀には、スペイソ産の羊毛がイギリスの市場を荒らしたので、英国王ヘンリー二世は一一八〇年ごろにその輸入を禁止した。
そして、英国産の羊毛以外でつくられたすぺての布製品を焼き捨てさせる法令を公布した。
イギリスはメワノ種の羊毛との競争には腹を立てたげれど、品種そのものについては異論がなかった。
それで、スペインのヒツジ飼育業者が英国産のヒツジを輸入してメリノ種とかげ合わせたのと同じように、イギリス人もメワノ種と国産のヒツジを交配した。
ムーア入がスペインから追放されてから、メリノ種の数はしだいに増加していった。
そして、ヒツジ銅育業者は室分たちだけの同業組合"メスタ"を設立するほどの力をもつようになった。
"ガナデロス"とよばれる何千入もの裕福なヒツジ飼育業者たちは、その所有地内における独臼の行政権を主張し、事実上の地歩を築いていった。
かれらは、ある条件のもとでだけ国王に従い、百姓たちは.かれらに対してまったく無抵抗であった。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,