×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る
犬猫好きのウイペット


拡大写真へ
グレイ・ハウンドのミニタイプともいえるウィペットは、流線型の曲線が美しく、スラリと伸びた四肢と引き締まったスマートな体格をしています。
尾を垂らした姿勢をとるため、一見気弱そうにみえるが、物静かで素直なところが魅力になっています。
家庭では穏やか、屋外では活発な面をみせ人なつこくて愛敬もあります。
毎日、長時間散歩をさせたり、走らせたりすれば、アパートやマンションでも十分に飼える犬種です。被毛のケアも最小限でよいでしょう。
寒い気候が苦手なので、屋外で飼うことはおすすめできません。

うちはボーダーでくせ毛なので、なかなかいいものが無くて困ってました。

使ってみたら・・・
まず驚いたのはブラッシングが苦手だったのに、
ゴロンと寝てしまい気持ち良さそうにしています。

それにとにかくよく取れる、ビックリです。

なんだか楽しくなってしまいました。m(__)m

使い勝手ですが、ボーダーは、一旦換毛期は終わっていたのですが、
この頃少し、毛が舞うなぁ・・・
と思っていたところ、ペット用品を使ってみると、ゴッソリとれました。
もう、無いと思っていたのに、びっくりです。
涼しい夏が送れそうです^m^

あと、気持ちがいいのか、自分で咥えてもってくる始末。
ででぇ〜んと仰向けになって、腹を掻いてとウットリしています。

ラブは、完全に抜け終わっているのですが、
この分でいくと、今度の換毛期が楽しみです。

家の子は毛がゴジャースなため,わりとブラッシングしているつもりでしたが
友達にペット用品を貸して頂いた所,その凄さを実感させて頂きました。

アンダーがとても良く取れますし,これからの(可愛そうなくらい)暑い夏に向けてとても重宝しそうです♪
ツクシカラマツは丈夫で作りやすく良く殖え、また花期が一ケ月以上もあり、梅雨時(6-7月)に繊綱な花を楽しませてくれます。
昔から作られている山草のひとつだと思い ます。
培養管埋。
用度は赤玉土5-4、砂(富士砂、桐生砂など)4-3、ケト土2-1 (荒くくずして)の割合にしています。
繁殖は、花後または2、3月に株分けします。
小さなサトイモ状の根を綱かく分けて、並べて植えていきます。
根が小さいので、石付きにしたり、小鉢、浅鉢に植えやすく、作業しやすいのも特徴のひとつです。
1年おきくらいに植え替えをしていくと花付きも良く、根腐れも少ないようです。
春から開花までは良く陽 に当てるようにします。
あまり暑さに強くないので、花後から秋口くらいまで半圓陰の方が作りやすく株も充実します。
花後に少々葉がいたんでも、灌水、肥料を十分にし施せぼ、翌審にはまた元気に発芽します。
肥 ます呵病害虫はあまりありませんが、赤ダニが付きやすいので注惹して、薬が黄色ぼくなったら薬剤散布します。
ツクシカラマツは、丈が低いので石と良く調和します。
一般的には、鉢の中に石を配して、植込むのが多いのですが、電眼石や、鞍馬石などに付けるのもよく合い、特徴を出すことができます。
平石でなく童眼石のようなものの石付きは、春3月頃の方が根の廻りが良いと思います。

お好み  TOPへ 戻る
ペットの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームとは  Pet Grooming Tool Philocomb   Grape,