×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る
犬猫好きのラフ・コリー


拡大写真へ
名犬ラッシーと言う、テレビドラマが放映され、主人公であるコリーが知られました。
実際に飼育する人が続出しました。
しかしコリーはサイズと言い、必要な運動量と言い、グルーミングの手間と言い、当時の日本の住環境ではドラマとは反対に多くの問題を起こしたようです。
長毛のダブルコート(上毛と下毛からなる二層の被毛)で下毛は厚く、上毛は長く粗い。
ラフ・コリーは毎日丁寧なブラッシングが必要です。
長毛を美しく保つためには、大変厚い被毛の奥まで手入れのできるピロコームが必須です。
ブラッシングをさぼるとすぐに毛玉ができてしまいます。
エッジのあるブラシを使うと長毛が傷んで毛玉に成り易く艶もなくなりますから、毛玉を取る時もハサミが良いのです。
乾かすのが大変だけれど、シャンプーもちゃんとしてあげましょう 。

とても使い易く下毛も良く取れて、うちの子もおとなしくしてくれてとても満足しています。
もっと早くペット用品を購入しとけばよかった。

前評判どおりの使い心地に大変満足しております。
これまではスリッカーブラシとラバーグローブを併用していました。
わんこは嫌がる、飼い主は疲れ果てる、挙句取り切れない毛が室内を舞う...
これらが一挙に解決するなんて、夢のようです。

ところで、今度はペット用品(やわらかめ)を猫に使ってみたいと思います。

去年の今頃はもう抜け毛で気が狂いそうでした。
早く買えば良かったです♪(=^-^=)

今年はペット用品を使ったお陰で、抜け毛の時期が短くて助かりました、ありがとうございました。
明治初期の偉大な財界八であったことは、盆燐小鉢の面自味迎にくわしい。
右腕となって活躍した財界人の余技として、瀬戸の陶工を抱えて焼いたのが小野窯の鉢である。
磁器または半磁器のろくろ式丸鉢が多くほとんど施穂したものである。
この鉢のように胎士そのもので成型し仕上げたもので、大きさもこれほど小さいものは、唯一のものではないかと思われる。
支郷鉢の南康にも上職をかけない無穐の鉢として、戦前のご伯が愛してやまなかった自南京浮刻無頽長方に水盤が有名であるが、この鉢も箱書にある。
戦前から戦後にかけて鉢植え愛好と収集の中心をなした旧蔵贔で、現蔵者へと継がれたものである。
天正年閻開窯と思われるが、江戸中期大和郡山城主柳沢莞山候が「赤ハタ」や「赤膚山」。
印を下賜したことに由来する名という。
鉢植え鉢がいつ頃、誰の代にどのくらい作られたかは、不明である。
落款は「赤ハタ」「赤膚」「赤膚山」の順に古いと言われるが無藩款のものもある。
この鉢は戦後の水曜会の大会に緑紬の鉢の一対になって出品されたものを。
蔵者が所有したものである。

お好み  TOPへ 戻る
ペットの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームとは  Pet Grooming Tool Philocomb   Grape,