×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る
犬猫好きのポメラニアン


拡大写真へ
名前の由来となるポメラニア地方が原産地。ドイツからポーランドにまたがる地域です。
スピッツにも似ているように、同じ犬種の仲間のサモエドが祖先と言われ、胸元やシッポの豊かな毛並みが印象的な、可憐でチャーミングな犬種です。
19世紀にイギリスのビクトリア女王によって可愛がられ、人気の犬種となりました。
用心深く愛玩犬はもとより番犬にも向く性格です。
足の骨の太さは割り箸程度、そのため、高い所から跳び下りて骨折した、という事故もよく聞きます。
屋外はもとより、転んだり、落ちたり、踏まれたり、という室内での事故にも注意が必要です。
被毛は顔と四肢の下方を除いて非常に豊かで下毛はやわらかい綿毛、上毛はまっすぐで粗い感じのダブルコートです。
首や肩の前部、胸には特に長い飾り毛があり、それが肩まで広がっています。
被毛が細くてやわらかく絡まりやすいので、毎日欠かさずにピンの太いピンブラシかピロコームでブラッシングする。
また夏季は、顔、尾の毛を残してカットするやり方もあります。
定期的なトリミングはもちろん、光沢のある毛質を損なわないためにも、シャンプーは専門家に任せたほうが無難かも。

今や、真柏の山出し皆無、新木との出会いもままならず、天然のジン・シャリを持つ素材の入手白体が難しくなっていることは周知の事実。
上に紹介する真柏の新木も、山出しされて永く木箱で根付けされていたものが、縁あって井浦氏の元へ持ち込まれていたものです。
素材は見てもわかる通り、立ち上がりの芸が、何をおいても大きな魅力と言えるでしょう。
新木が豊富な頃なら、足元に枝を接ぎ、活着を確認したら、左右の上部は惜しむことなく、立ち上がりを活かした樹づくりを優先する意味でも、ジンにする部分を残して切り捨てられていたでしょう。
しかし、天然素材品薄の現状を考えれば、実にもったいない話。
立ち上がりの枝接ぎと同時に、上部の芸で活かせそうな所があれば取れるだけ取ってやろうというのが、今回の欲張り計画。
限り有る資源を大切に、は表向き。
上部からも根接ぎ取りで何本かの天然素材をゲットしようということになったのです。
左に見て頂く6本も、上部で芸の良かった部分を根接ぎ取りで作ってきたものです。
これらを見れば、欲ばりです。
病害虫防除は棚場の環境改善から!。
枝葉が密生し日当たりや風通しの悪い環境は、病原菌や害虫が発生・繁殖しやすい環境でもあります。
病害虫が発生しても、薬剤散布など適切な対処療法を施せば一定の効果は得られます。
しかし、環境に問題がある棚場では、これでもかと言わんばかりに次々と病害虫が発生し、樹に被害をもたらすでしょう。
これではどれだけ薬剤を揃えて定期消毒を行なったとしてもきりがありません。
弱っていたり劣悪な環境にあれぱ病気にかかりやすいのは入も樹も同じ。
清潔で快適な環境であれば病害虫の発生白体を抑えられますし、元気よく培養されていれば、病害虫被害に遭ったとしても本体が枯れるといった最悪の事態を防ぐことはできます。
また、棚場を清潔に保っているということはそれだけ注意深く棚や樹を観察しているということ。
つまり早期発見・対処できる環境にあると言えます。
樹が病害虫の被害に遭う直接的な原因は、それに該当する病原菌もしくは害虫です。
でもそれだけで済ませてはいけません。
病害虫を呼び込む原因があるから被害を繰り返すのも事実。
病害虫の被害で悩んでいる方は、まず棚場・培養環境を見直しましょう。
病害虫防除の基本は棚場の環境にあることを大前提として理解して 下さい。
黄自土の胎土は鉢植え界において人形土と呼ばれ、き、割にも良ー古来尊ぼれている.、時代が下がるにつれ一、、胎土が普通の紫泥や朱泥に変わってきているので、時代も古渡とそうでないものの判別はしやすい。
三点共それぞれに自交肚の特色の良くでた作品である。
南宋の青磁の名窯竜泉窯に対比して存在したとされる哥窯の作品の清の発正・乾隆時代(一七二三〜一七九五年)頃の彷製(写し)である。
珍しく生穴の、つまり最初から鉢植え鉢として製作された作品で、おそらく胎土の厚みより厚いのではないかと思われる自磁の穂は、表面がちりめんのように小さく波打ち、見事なまでの大貫入(氷裂)が無作為に走り見る者の想像をかきたてる。
今はなき神田・東京古民具骨董館の小さな店の片すみに薄くほこりをかむって恥た。
これを見い出した時の蔵者・の胸の高鳴12が聞こえるような鉢である。

お好み  TOPへ 戻る
ペットの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームとは  Pet Grooming Tool Philocomb   Grape,