×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る
犬猫好きのグレート・ピレニーズ


拡大写真へ
一見白熊のような外見で、ゆったりとした動作をしますので、大変威厳がありますが性格は、穏やかです。
主に、ピレネー山脈スペイン寄りの地域で、家畜の護衛犬として活躍し、フランス王朝にも愛されたということです。
20世紀の初頭には絶滅の危機に瀕したが、今日では欧米諸国を中心に定着しています。
護羊犬として働いていた頃には、敵と判断すると襲いかかり、とても戦闘的な犬でした。
その後は改良が加えられ、飼い主に忠実な親しみやすい犬になりました。
とはいえ、今なお警戒を怠ることがない点では変わっていません。
そのため、潜みもっている闘争心を表にださせることがないよう、早期から忍耐強い訓練を重ねる必要があります。
盲導犬を選ぶときは固体の性格を検査していましたが、DNAを調べる事で判断できるそうで、これから分る事は元々の血統が性格に関わっているという事を理解しておく必要があります。
体質的には、寒さに非常に強く、暑さに弱い犬です。

夢の鉢植え置場。
「こんな置場が欲しい」がら学ぷ 鉢植え置場の南側やや束寄りに、きれいな水の渓流や沢、あるいは湖沼がある。
水面から5〜10mほどの商い段丘上に、幅20-30mの土地があり、この場所に鉢植え棚を設置する。
5〜10mの高さの段丘と記したのは、増水などの被害を考慮したためである。
水面から置場までの斜而には、大きな常緑広葉樹(シイガシ、クス、ヤマモモなど)が ある。
こうした大木は台瓜などに対する防風樹であり、古樹には下枝がないので水面から発生した水蒸気は枝下を通って置場に流れる。
(ケヤキ、カラマツなど)がある この樹の日照斜線はもっとも水面よりの棚場だけが半陰になる。
そして、半陰樹鉢植えはこの棚に杙く。
冬期は落葉するのでこの棚にも日照は降り注ぐので問題はない。
段丘(置場)の北側は小高い山となっており、昼間暖まった空気はこの斜面にそって上昇し、夜間はこの斜面にそって冷気が下降する。
こうした環境は小さな盆地と同様で、日中の空気はよく乾燥し、昼夜の気温較差は大きい。
乾きがよいので、置場の中に清水を流した水路を一〜二本通す。
この水も灌水に用いる水も、段丘下を流れる川の上流から取り入れているので、水質は軟水であり、水量も豊かである。
冬は最低零下5℃くらいまで下がって結氷をみるが、陽当たりがよいため日中はすぐに解氷する。
当然のことだが、鉢植え棚の列は東西方向になる。
これは、盆樹および鉢への日照が、鉢植え棚全体に平均して当たるように配慮するためである。
望めばきりはないが、以上が実際に条件さえ揃えばかなえられる「夢の鉢植え置場」であり、限定された条件の下でもこれに近づける努力をする一つの指針になるものと思われる。
鉢を褒返して見ると鉢裏にはほとんどの場合胎土が露出している。
この胎土は躍地や時代、作者により必ず個性を持った土を使朋しているので、窯場の特定には最もわかりやすい手掛りである。
鉢植え錐の場合大きく分けて支郡の上目であるか、H本の土Hであるかにまず分類される。
そしてそのそれぞれが陶土と磁土に別けられる。
陶土……主として宣興で枕栽鉢として清末に焼成された泥物(紫泥・朱泥・自泥等々)か、それに上舳をかけた鉢が大部分.それ以萌のものは、野香炉を鉢植え鉢に転用した歴史的な品等(鳥泥・桃花泥等)があるが、数は全体から見るときわめて少ない。
紫泥・朱泥・自泥等の土口は日本の陶上に比較するときめが細かいが無造作で精選度がおとる独特の感じを持っているので、一度覚えると忘れられないものである。
磁土……清の薙正・乾隆以後に焼成された、いわゆる南京が主でほとんど上租がかけてある。
目本の伊万里・平-11等の磁器焼の磁上と比較すると黒色の小さなゴマ状の粒子(デンドライト)が高台の切り口に見られるのが特色である。
また鰆代が下がると共に、糒選が進みデンドライトは少なくなっているので、この黒点は年代の判定にも大切である。
その他香炉や筆洗に後から穴をあけて鉢としたものが散見するが、これは少数の高級鉢で様式で時代と産地がだいたい支郡に発主したものか、昭和十三年代の支郡縫貨商の発主によるものかなど、較前は雑誌。
鉢植え'の珍鉢図録の藻坂四渓氏によって、あるいは最返は鉢植え大辞興において片山、瑛内両氏が深く研究なさっている。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,