×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る
ペットのアゲハのジャイアント・シュナウザー


拡大写真へ
最大級に体の大きな犬種です。
牛や馬を追うことを目的として改良された、シュナウザー。
頑丈な体形は、力強い筋肉におおわれ正方形に近い。
針金状の上毛はもつれやすいため毎日のブラッシングが必要です。
また、食後に汚れやすい口のまわりは、手入れをして清潔さを保ちます。
室内犬なら定期的にシャンプーを行い。
定期的なトリミングも実行するようにしたい。
ちょっとしたイタズラが人を傷つけることになりますので、子犬のうちから咬みつき防止のトレーニングをしなければいけません。
実際に、鉢植え専門店でも、屋上の棚場に五葉松が並んでいるのを見かけることがよくあるのはこのためです。
たとえ冬であっても、五葉松の場合は軒下に置くのは好ましくありません。
なぜなら、軒下は露が降りないからです。
いっぽうこれに対して、サツキは半陰樹(中陽樹)に属し、日照は五葉松ほど多くは要求しません。
病害虫の問題を除けば、通風のことも考慮する必要はないのです。
耐寒性に関しては、五葉松ほどではありませんが、かなり強い性質をもっています。
ただ、サツキでもっとも注意しなければならないのが、冬の乾風です。
ですから、五葉松では屋上がもっとも好ましい条件なのに対して、サツキでは冬期間の屋上はもっとも悪条件の所といえます。
北国の樹種は寒さに強いが、南国の樹種は寒さに弱い。
鉢植えの耐寒性とは、個々の鉢植え樹種がどの程度の低温にまで、障害を受けずに生育できるかの目安です。
しかし、実際には単なる低温というより、乾燥との関係が大きく作用しているのです。
いわゆる観葉植物などに多い熱帯性の樹種では、たしかに低温によって障害を受けたり枯死ずる例もあります過しかし、ゴ般に鉢植えに用いられる日本国内原産め湿帯性樹種℃は、単なる低温によって植死する例はきわめで稀です。
冬期に障害を受けたり枯死する原因は、ほとんどが乾風と低温との相乗作用によるものと考えてよいでしょう。
それでは以ドに、鉢植え樹種の耐寒性と、寒害乾害の実態について糞覗してみましょう。
天与のものを失わず。
一点不完全なものこそ量ヒとする見貯一。
」ある。

目本の続朽がたとえ結薬拘でも上の味を失わず、天工の変化を景色として賞翫し意図せぬゆがみをかえって味わう観賞は、すべてここから出発していると思われる。
そこで日本人が、鉢植えを明治時代に日本独特の芸術として発展させようとした時、この醜点から鉢植えの器に何を最も多く採ったであろうか。
それが自交既である。
前号で引用した明治三十六年発行の「名家愛蔵鉢植え奇石逸品簗」の序説に解説が「ここにいわゆる鉢植えは広義なる園茗に属するも持に文入鉢植えと称し往時我国に流行したる大輝所風鉢植え即染付の大鉢にマツ類の類を魍曲して随ゆるものとは全然趣を異にしむしろ支邸古式盆蔵の極めて進歩したるものにして古今東西に通じ我邦今日独占の名杓としす。
」とある。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,