×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る
ペットのアゲハのジャーマン・ショートヘアード・ポインター


拡大写真へ
もともと鳥猟犬として野山を駆け回っていた犬ですので、体を動かすことが必須となります。
運動不足は、ムダ吠えや家具などへの咬みつきなど、問題行動につながります。
長い距離の散歩は絶対に必要ですが、その他にも週末には広いドッグランでボール遊びをしてあげましょう。
手入れはとても簡単です。
ブラッシングするか、濡れたタオルで体を拭けば大体きれいになります。
犬は群れとなる性質が有るので、主人の屋内に入るのを嫌う犬はいません。

ノルウェイジャン・フォレスト・キャット:かためのペット用品を使用
まだ子にゃんこなのであまり抜け毛は激しくないのですが、アンダーコートまでしっかりすくい上げて面白いように毛が取れました。
スリッカーやラバーブラシはほとんど取れない上に痛がって大変でしたが、ペット用品はゴロゴロ言ってとかさせてくれます。

これからも使い続けたい一品です。

ロシアンブルーとアビシニアンに使いました。
ロシのほうは、毛が細いのであまり取れませんでしたが、アビのほうはもっさり取れました。
アビは前使っていたゴムのブラシだと嫌がって逃げてしまうし、毛が飛んでしまうのであまりブラッシングしてなかったのです。
ペット用品は気持ちいいらしく、目を細めています。

日本にゃんこ2匹
ペット用品は大変いいですね。評判通りです。
にゃんこが逃げずに、喉を鳴らして擦り寄ってくる様に、二人して驚きつつ感激しています。
今までは櫛などを見たとたん逃げ回っていたのが、魔法にかかったように大人しく、どころか喜ぶ様に驚きです。
品物も良く、丁寧に出来ていて生き物に優しい作りになっています。
これを開発・商品化された方の動物に対する愛情が伝わってくる思いがします。
具体的には左右の粒土の調整や施肥量の加減などで、根の発達をコントロールするわけです。
そして植え替えの都度、その根の量を上部の枝葉の量に見合ったものにし、将来は、均一の粒土、均一の施肥によっても樹勢の安定が得られるようにすることになります。
こうした作業が必要になるのは、たとえば正面の変更により植え付け位置が変わる場合、また、これまで主要な枝だった太枝を抜いたために左右の枝葉のバランスが崩れた場合などです。
上にその具体的な例を図示しましたので参照して下さい。
役枝の長短と植え付け位置 なお、枝葉の総量とも関連はしますが、主要な枝の長さ(枝張り)も、それが左右いずれに出ているかによって、視覚的な安定感から植え付け位置と関連します。
つまり、右に強い差し枝があれは、鉢の右側に空閲が必要とな砂、蜜為S枝S鱒こ高の木、あるいはより高木感を現わそうとするものであれぱあるほど、むしろ下枝を喰い付きにし、その上部に効き枝を配したほうが効果的といえます。
こうした直幹の場合も、やはりその長い効き枝のある側に鉢の空間が必要となります。
具体的には、鉢の右側に空間のあるボンサイは右勝手、左側に空間のあるボンサイは左勝手ということになります。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,