×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る
ペットのアゲハのイングリッシュ・コッカー・スパニエル


拡大写真へ
山シギwoodcock猟の為に小型のスパニエルから選抜された犬種です。
藪の中から山シギをレトリーブするのに最適な大きさの犬で、コッカーとは山シギという意味です。
アメリカン・コッカーの元となった犬種でもあります。
イギリスで選抜されているため大胆かつ従順な神経の持ち主です。
従順で物覚えが良く特に元来、犬の好きなものを使ったトレーニングには効果を発揮出来るでしょう。
藪の中でレトリーブする為に改良されたイングリッシュ・コッカーは素晴らしくスタミナがあるため、エネルギーを発散させてあげることも必要です。
イングリッシュ・コッカーはとってもシルキーなコートをしています。
ほこり等を寄せやすい毛質ですのでこまめなお手入れが必要です。

一曲ある素材からの小品鉢植え作りの順序は。
@基本となる曲のどの部分が必要かを決める。
A取り木前にある程度芯立て等作業して頭部付近を作る。
この作業の手順は。
a、肥培して樹勢をつけておく。
b、6月ごろ上部を切断する。
c、目的の曲の部分にアタリ芽を持たせる。
d、芯位置を決め、第→節を短く止める。
芽の方向を針金で決める。
e、一節が短く止まったら走らせる。
エンピツの芯くらいの太さの時曲付けをしておく。
しかしこの芯は何回も立て替えるので、将来の頭部になるわけでない。
(後述) f、走らせた芯下の切断部の傷口の巻きに注意しておく。
(後述) Bある程度上部ができたところで取り木をかける。
最初の切断から2年程上部作りしてからでもよい。
芯立てと樹勢を引張ること 上現物は取り木をかけ、鉢上げして、芯立て後走らせるところである。
芯を走らせる場合、その基部は傷口を巻かせる役目もしている。
したがって、余り強く上に樹勢を引張ると、傷口の巻き方も強くゴツゴツになりやすい。
樹勢を上に逃がしながら、傷口の巻きを見て巻かせていく必要がある。
傷口はカットパスター等で保護してあるが、芯立ての枝のちょうど下あたりから巻いてくる。
カットパスターがひび割れるようになると巻いてきた証拠であるから、そうなったらパスターを少し取った方が、薄くきれいに巻く。
このあたりの加減が少々難しい。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,