×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る
ペットのアゲハのチャイニーズ・クレステッド・ドッグ


拡大写真へ
名前は「中国人風のトサカのある犬」という意味です。
犬の体温は一般犬よりも高く40度が普通で、湯たんぽ代わりに使われたとも言われています。
チャイニーズ・クレステッド・ドッグには「ヘアレス」と全身に毛のある「パウダーパフ」の2タイプがあります。
ヘアレスとパウダーパフは異なる犬種のように見えるが、被毛を除外すればまったく同犬種です。
ヘアレスとヘアレス、ヘアレスとパウダーパフの交配では両方のタイプが生まれるが、パウダーパフとパウダーパフの交配では常にパウダーパフが生まれるそうです。
人目を引く犬ですので、人間にさわられることに慣らすトレーニングは必須です。
裸同前なので、寒い地方だけは苦手です。

他方、南国といわれる四国・九州・南西諸島は、O般には冬期でも温暖な気侯と思われがちですが、標高が高ければその寒気は北国並です。
しかもこれらの地域では、降雪はあっても深い積雪にならず、樹木を寒風(乾風)から保護す酔孔麗筆に様套Bまぜん。
したがって、こうしたいるのはこの倉めなので丁深根性の樹種は鉢上げで浅根になD、耐寒性が弱る自生状態での根の深浅の差も、鉢植えの耐寒性 と深い関係があります。
具体例としては、本来が深根性のウメが挙げられます。
ウメはほかの樹種に先駆けて、真冬の寒期に開花することから、わが国の花木・果概ではもっとも耐寒性のある樹種のOつに挙げられています。
しかし、鉢植えとして鉢上げされたウメは、自生や地植えのものに較べて、耐寒性は低下するのです。
冬期の寒気に晒された鉢内は、土壌以上に低温になります。
→般に深根性の樹木は、冬を間わず水分吸収の盛んな性質をもっています。
それが鉢植え鉢に上げられて、浅根状態を強要された場合、鉢土が凍結すると水分吸収が妨げられて障害が起こりやすくなるのです。
こうした傾向はかなりの落葉広葉樹に共通するもので、落葉して幹枝だけになっているカエデ類でも起こります。
冬期に葉がないからといって水やりを怠ると、春先になって萌芽直後に枯れることがあるのは、寒害と乾害を同時に受けたためなのです。
ちなみに.水分蒸散をする葉がないといってますよく、冬は蹴仁の休眠期たヒいbれ圭ず が、けっして生理活動を停吐しているわけではありません」。
根も吸水活動を行っていますし、枝幹表面からの水分蒸散も行っているのです。
落葉樹に冬の水やりが必要なのはこのためです。
直幹の枝配り"二裏"。
直幹の勝手、つまり、鉢への植え付け位置および席飾りの位置について述べる前に、直幹における枝配り作法について述べてみます。
前述したように、直幹は幹の周囲に均等に枝が出ているものとはいっても、その好ましい枝付きについては、一定の考え方が鉢植え界にはあります。
大きく分けて、つぎに述べる二通りの考え方が鉢植え界では主流になっています。
そのひとつは、正面から見て主要な役枝の配列が、右ー左-裏・右ー左-裏・右-左-裏(図C)、あるいはこの逆に、左ー右-裏のくり返しになっているものです。
もうひとつは、やはり正面から見て主要な役枝が、右ー裏-左・右-裏-左・右-裏-左(図O)、あるいは逆に、左-裏-右のくり返しになっているものです。
いずれも、直幹樹形の基本的な枝配りとして、鉢植え界ではかなり以前からこの技法が知られています。
そして、後者の二の枝が裏に当たる枝配りのものを、鉢植え界では"二斑"と呼び、前者よりもより大木感・商木感を現わすものとしています。
各役枝の上下の閥隔については、それぞれが樹高に応じて適当な閲隔を保っていることが望まれます。
そして、左右と褒の三枝が一群の枝として適度に重なっていることが普通です。
ただし、各群の枝が確実に離れていなけれぱならないということではありません。
枝張りと勝手の関係。
以上は枝付きの状態を示したものですが、砿幹においては、この枝付きそのものと勝手(植え付け位置・飾り方など)との間には直接的な関速性はないようです。
勝手の係わりからいえば、この各役枝のボリュームと長さが重要な要素となります。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,