×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る
ペットのアゲハのチワワ


拡大写真へ
癒し系チワワは犬の中でも最も小さな種類で、メキシコのチワワ地域が原産地です。
もともとは中国にいた犬がスペイン人によって新大陸に持ち出され、新大陸にいた現地の小型犬と交配して現在のチワワに至っているという説もあります。
チワワはよく吠えます。
飼い主を守ろうとする犬もいますが、あまりに体が小さいため、残念ながらその警護能力は高いとはいえません。
感情の起伏が激しいタイプの犬種で、かなり大胆な犬もいれば臆病な犬もいます。
縄張り意識が強く、体は小さいが番犬としての役目を充分こなす忠実で勇敢な犬です。
チワワは排他的であると言われ、チワワ以外の犬種との相性は良くないようです。
超小型犬ゆえに環境、特に温度に細心の注意を払う必要があります。
チワワは体が小さくて活発な犬なので、室内を走り回っているだけでも、1日に必要な運動量を取ることができます。
高温時の樹木生理。
生育適温と生育限界温度は植物生理活動の主要なものが、光合成(生慶)と呼吸(消費)であることはどなたもご存知のことです。
あらためてその要点を紹介すると以下のようになります。
樹種によって差はありますが、→般に光合成は気温が15℃くらいから活発になり、27℃から30℃ほどで頂点に達します。
そしてこれより高温になると、光合成活動は低下します。
呼吸作用はかなりの低温でも行っていますが、高温になればなるほど激しくなります。
しかも一定の限界温度を越えると今度は呼吸できなくなります。
これを「生育限界温度」といいます。
この光合成による炭水化物の生産と、呼吸による炭水化物の消費との差が養分として蓄積し、樹木の肥大につながるわけです。
この温度帯を「生育適温」といいます。
しかし、30℃以Lの高燃になると、呼吸作用が激しくなり、生潅暁より消費股が多くなり、樹木は肥大できないばかりか、疲弊してきます。
したがって樹木の耐暑性とは、この生育適湿および生去11限界温度が高いか低いかが基準になります。
左右の枝の総量と植え付け位置 仮りに、正面から見て、垂直な幹の左右に出ている枝の総量を比較し、てみます。
その際、どちらか一方の側の枝の総股が多けれぱ、その側により植え付け位置の空閥を持たせるようにするわけです。
これは単に美的なあるいは視覚的な安定感を得るためだけでなく、それらの枝を養うための用土の量が、枝の多い側ほど多くを必要とするという点で合理的になります。
ただし、培養過程においては、鉢中における左右の配合土の粒径を調整したり、施肥量を左右加減したりしている場合があり、いちがいに植え付け位置だけで枝葉の量が決定されるわけではありません。
しかし、鉢植えは、基本的に鉢の中における根の張りの均一化・安定化に向かうものです。
そうである以上、鑑賞樹においては、左右の枝葉の量と、植え付け位置による鉢中の左右の用土の量(つまりは根の量)は正比例することが望ましいことになります。
つまり、素材の段階では、枝葉の剪定や植え替え時の根の処理によって、幹の左右のバランスがとれていない場合があります。
たとえば、向かって右側の枝葉の量が多いのに、鉢中は何かの都合により右側の根の量が少ない場合、当然こちら側に根を充分に張らせる必要があることになります。
逆に左側は枝葉の量が少ないのに根の量が多かった場合にほ、根の量を抑制しなければならない。


お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,