×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP >  戻る
ペットのアゲハのキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル


拡大写真へ
「キャバリア」とは中世の騎士という意味。
「キング・チャールズ」はイギリス王室のチャールズ2世。
「スパニエル」は犬のタイプ。
キング・チャールズ・スパニエルを本来のたくましい姿に復活させようとして戻し交配されたんだそうです。
一般には高温害。
脱水による障害がほとんどで樹木の耐暑性とは、耐寒性と同様、単に温度が高いというだけでなく、高温時の乾燥度蒲砒度)が大きく影響します。
入間の場合は、かなりの高温時でも空気が乾燥していれば、割合しのぎやすく感じる反 面、高温多湿になると強い不快感を感じます。
空気が乾燥していれば発汗を促し、体温調節が容易にでき、喉が渇けば自由に水を飲んで補給できます。
しかし湿度が高いと発汗しても蒸発が抑えられるため、べとべとしたまま体表に残り、体温調節ができにくいからです。
しかし植物の場合は、空気が著しく乾燥する場合は、同時に用土(土壌)も乾燥します。
そして、根からの水分吸収も不十分になりがちで、葉からの水分蒸散が激しければ、体内の水分バランスが崩れ障害が生じます。
それと高温と重なったときに葉焼け症状を起こします。
植物が根から吸収する水は光合成の主材料ですが、ふつう吸収する水の大半は葉の気孔から蒸散しています。
気孔から蒸散する水には植物体温調節の役割があるのです。
もちろん、土壌申から水といっしょに吸収した養分を枝葉各部に運搬する働きもあります。
この根の吸水力とは、実際には葉からの蒸散によって引き上げられる力に負うところが大きいのです。

杢品鉢植えの瑤養の基本は充分に樹勢をっけ、しかもその樹勢が各枝先に秀散してゴツくならないように作る必要がある。
樹勢とはたとえてみれば、水道にホースの破れ穴(各小枝)に分散し、その部分を太くしようとする。
小品鉢植えでは、幹に比較して常に枝は細目に抑制して作っておかなけれぱならない。
それで、強い樹勢は、常時芯立てあるいは、枝の一部を走らせることによって逃がしておく必要があるのである。
芯を強く走らせておけば、基部の芽は潜芽となっているか、またはごく短く伸長したまま止まっている。
こうして小さな枝・または芽は次に立て替える時の細い枝として利用できるのである。
一曲ある素材の最初の芯立て 最初の芯立ては素材頭部付近から始まる。
この芯立てで樹勢をぐいぐい上に引張り、なめらかなコケ順を作る。
芯立ての位置は素材の曲の具合にもよるが、大体芽は真上かやや前位置のものを選ぷとよい。
追い込み後アタリがいくつか生じたら、芯とする芽の第一節までをなるべく短くするように、芽先を摘む。
いわゆるチゴ葉部までで節間を止めるくらいにしておく。
素材本体より5nmくらいで第一節が止まれば成功といえるだろう。
この最初の節閥を伸ばしてし まうと後の栽培に問題が出てくる。

お好み  TOPへ 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,