×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

犬猫ペット好きの犬猫大戦

犬猫大戦
狼は草原の王者。
食物連鎖の頂点に居ます。

頭につけるかな文字の数々。
最も多いのは、いぬで、次いで多いのがにせであり、くまの文字も忘れることは出来ない。
これらは一体どういうことを意味するか、(詳しい方があったら、ぜひ教えて欲しいと思うが)私は次のように解釈している。
国語的に考えてみると、「いぬ」という言葉には、従属するということがまず目に付く。
少し悪い言葉かも知れないが、古くは「幕府のいぬ」 とか、「警察のいぬ」とかいう言葉が脳裏に浮かぶ。
これは従属するということよりも「手先になって働く」という意味が強く、時にはその「機能を代行」する、ということもあるようである。
それでいて表に出ている機関よりも「派手」ではない。
「華やかで、権力や価値」は無い、これが隠れた「いぬ」の持つ意味のようである。
こう考えると、「いぬ」を冠する樹木の名は、それが付かない本物の樹種に対して、「何かの形」「もしくは用途」などで、それに近い樹種と昔は孝えていたのかも知れない。
(勿論、学聞が進んでいない頃に大まかに見て付けた名であるから、植物学的な関連はある場合と無い揚合があるが、名を付けた当時は何かの関連を考えていたのかも知れない)。
これに対して「にせ」を冠したのは、飽くまで本物に対する「にせ」であるから、本物との関連は無いと名付けた当時考えていたのかも知れない。
しかし、いま植物学的に考えて見ると、こちらの方に、本物と関連があるものが見つかるから、不思議である。

お好み  TOPへ 戻る
ペットの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームとは  Pet Grooming Tool Philocomb   日曜ブドウ園,